バイデン氏、大企業の競争促進へ大統領令

(2021年7月16日)

President Joe Biden hands out a pen after signing an executive order aimed at promoting competition in the economy, in the State Dining Room of the White House, Friday, July 9, 2021, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


 ワシントン(AP)-バイデン大統領は9日、ハイテク、医療、その他の経済分野での競争を阻害する慣行を対象とした大統領令に署名し、「真の資本主義は公正で開かれた競争に依存する」という米国の理想を強化すると強調した。

 この包括的な命令には72の行動と提言が含まれており、バイデン氏は、生活費を下げ、賃金を上げ、イノベーションとより速い経済成長を促進すると述べた。しかし、バイデン氏の政策をルール化するために各省庁が新たな規制を作れば、大きな法廷闘争を引き起こす可能性がある。

 具体的には、賃金引き上げにつながるよう、競争を阻害する合意を禁止または制限する、ドラッグストアでの補聴器の店頭販売を可能にするためのルール変更を認める、インターネット会社による過剰な早期解約料を禁止するなどの要請が盛り込まれている。また、運輸省に対しては、手荷物が遅れたり、機内サービスが広告通りに提供されなかったりした場合に、航空会社に料金の払い戻しを義務付ける規則の制定を検討するよう求めている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


FB副社長、SNSの改善へ議会に期待

(2021年10月16日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)

バイデン氏、イラクの戦闘部隊、年内に引き揚げ

(2021年08月02日)

母国以外の旗の下で競技するアスリートたち

(2021年08月01日)

グラスリー上院議員、保守系女性団体の監視でFBIに説明要求

(2021年07月31日)

「ミュンヘンの虐殺」のイスラエル人犠牲者を、49年後に初めて追悼した東京五輪の開会式

(2021年07月30日)

キューバのデモ参加者の解放求め21カ国が署名

(2021年07月29日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)
→その他のニュース