コロナに政治は通用しない

(2020年04月04日)
ANALYSIS/OPINION:現在のウイルスの広がりを追跡し、説明する資源が不足していることを考えると、州および連邦レベルの政府機関が指摘しているように、感染率はこれまでに報じられているよりも、実際にはずっと高くなるだろうと思うべきだ。死亡率についても、詳しく言う必要はあるまい。

ソーシャルメディアで独創的な選挙運動をする候補者たち

(2020年4月3日)
赤ちゃんにキスしたり、握手したり、写真を自撮りするのは忘れてほしい。

ファーウェイのスパイ活動阻止へ新法

(2020年4月2日)
トランプ大統領は24日、中国が米国の通信網に侵入し、スパイ活動や情報収集を行うのを阻止するための新法に署名した。

コーク財団ネットワークと保守系学生団体が火花を散らす

(2020年4月1日)
コーク財団ネットワークは、トランプ大統領に近い学生団体「ターニング・ポイントUSA」が、キャンパスで行われているイデオロギーの刷り込みを暴くようメンバーに求めていることを非難した。

トランプ大統領、コロナウイルス対策で支持率向上、ギャロップ社調査

(2020年3月31日)
トランプ米大統領は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応を指揮する中、過去最高の支持率に並ぶなど有権者からの支持の高まりを享受しているようだ。ギャラップ社は24日、こう指摘した。

ポンペオ長官、和平交渉推進へアフガン訪問

(2020年3月30日)
ポンペオ国務長官は23日、2月に反政府勢力タリバンとの間で交わした和平合意の推進のため、アフガニスタンのカブールを急遽訪問した。新型コロナウイルス感染拡大の中、世界の指導者、政治家らが移動を控えている中での訪問だ。

トランプ氏、FRB議長に異例の称賛

(2020年3月29日)
新型コロナウイルスの感染拡大のおかげで、トランプ大統領と連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が歩み寄ることができた。

バイデン、トランプ政権のコロナウイルス対策が遅すぎると批判

(2020年3月28日)
バイデン前副大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大の中、デラウェア州の自宅に閉じこもって、国家非常事態下で、最高司令官であるトランプ大統領への支持が揺らぐのではないかとみて、有権者の動向を分析している。

トランプ氏攻撃に向けられる「民主の裏金」

(2020年3月27日)
トランプ大統領と政権を非難しているのはリベラルメディアだけでない。全米が新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって不安を抱えている中、民主党系の非営利団体、政治行動委員会(PAC)も加わって、この危機を政治的に利用している。

ペンス氏の新型コロナ対応をメディアが高評価

(2020年3月26日)
トランプ政権の新型コロナウイルス対策チームの責任者、ペンス副大統領が国民の注目を浴び、高い評価を得ている。
→その他のニュース

お知らせ・PR

Trump Central Review



→ご購読はこちらから