トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
トランプ大統領と共和党は、選挙戦略の一環として民主党を「暴徒による支配」に甘い党として描くことを目指し、記念碑と像の保護を主張、全米の都市での違法な活動や犯罪によって、黒人有権者と民主党の間にくさびを打ち込もうとしている。

トランプ氏、オバマ政権時のFBI高官にフリン氏への謝罪要求

(2020年7月2日)
トランプ大統領は24日、オバマ政権時の連邦捜査局(FBI)と司法省の高官らは、マイケル・フリン元大統領補佐官(国家安全保障担当)に謝罪すべきだと述べた。

共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年7月1日)
下院外交委員会の6人の共和党議員が、ドイツ駐留米軍の削減を考え直すようトランプ大統領に求め、削減が実行されれば、北大西洋条約機構(NATO)が長い間維持してきた中国とロシアに対する抑止力を損なうことになると訴えた。

トランプ氏:ボルトン氏は犯罪者「収監されるべき」

(2020年6月30日)
トランプ大統領は23日に放映されたインタビューで、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)は機密情報を公開した「犯罪者」であり、収監されるべきだと主張した。

ホワイトハウス、ベネズエラ政策に変化はない

(2020年6月29日)
マケナニー大統領報道官は22日、トランプ大統領がインタビューでベネズエラのマドゥロ大統領と会う用意がある発言したことを受けて、マドゥロ氏に対する米政権の政策は「まったく変わっていない」と強調した。

独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年6月27日)
トランプ大統領は18日、ワシントン・タイムズ紙とのインタビューで、ジョー・バイデン前副大統領がヒラリー・クリントン元国務長官よりもぜい弱な大統領候補だと指摘。しかし、民主党はトランプ氏に勝つため「必死になっている」とし、力強い経済回復や連邦最高裁へ保守系判事をさらに送り込むことを頼みにしていると語った。

米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年6月26日)
米共和党の議員は17日、グーグルやその他のソーシャルメディア企業の保守派に対する偏向と戦うことを目的とした法案を提出した。

トランプ氏、選挙集会を再開「サイレントマジョリティーがかつてないほど強い」

(2020年6月25日)
トランプ大統領は再選キャンペーンを再開し、オクラホマ州で20日夜に行った復活集会で、歓声を上げる聴衆に「サイレントマジョリティー(物言わぬ多数派)がかつてないほど強くなっている」と訴えた。

米地裁、ボルトン氏回想録の差し止めを棄却

(2020年6月24日)
トランプ大統領は、来週のボルトン前大統領補佐官(安全保障担当)の回想録の出版を差し止めるよう求めたが、1人の判事がこれを棄却、政府は、出版されれば国の安全保障に取り返しのつかない被害を及ぼすことを立証しなかったと主張した。

トランプ氏、バイデン氏の弱点は失態、失言、物忘れ

(2020年6月23日)
トランプ大統領は、バイデン前副大統領にはアキレス腱があり、それはバイデン氏自身だと確信している。
→その他のニュース

お知らせ・PR

Trump Central Review



→ご購読はこちらから