EU、バイデン氏歓迎の一方で難しい課題も

(2021年02月27日)

バイデン大統領の就任によって、欧州との関係は大幅に改善することが期待されているが、トランプ政権時に米欧間の対立につながった課題が消えるわけではない。

バイデン氏、1兆9000億㌦コロナ経済対策の減額受け入れの用意

(2021年2月26日)
バイデン大統領は19日、新型コロナウイルス経済対策法案1兆9000億㌦の削減を「受け入れる用意がある」と述べた。下院は来週末までに法案を通過させることを望んでいる。[...]

バイデン大統領、パリ協定に復帰

(2021年2月25日)
バイデン大統領は19日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に正式に復帰することを発表した。トランプ政権による離脱を撤回する命令への署名後1カ月で、上院の批准がないまま、協定に再度参加する。バイデン氏は、オンラインで開催されたミュンヘン安全保障会議でこれを発表した。ブリンケン国務長官は声明で、「米[...]

民主、黒人への賠償法案に意欲

(2021年2月24日)
下院民主党は17日、黒人への賠償計画を進めているが、バイデン大統領からの支持は弱く、共和党からは強い反対に遭っている。民主党は、過去の差別に対して国に賠償させるための第一歩として、1619年まで遡って奴隷制と差別を検証し、救済策を勧告する委員会の設立を求めている。[...]

レストラン経営者、コロナ経済対策による賃金上昇を懸念

(2021年2月23日)
バイデン大統領の1兆9000億㌦の新型コロナウイルス経済対策が実施された場合、単に最低賃金が引き上げられるだけではない。外食産業が新型コロナに伴う制限や閉鎖からの回復目指して苦闘する中、レストランなどでチップを得ている労働者が収入を得る方法が大きく変わることになる。[...]

バイデン氏、グアンタナモ収容所閉鎖へ検討命じる

(2021年2月22日)
バイデン大統領は、米同時多発テロの首謀者ハリド・シーク・ムハンマドら約40人を収容しているキューバの米軍のグアンタナモ収容所の今後について検討するよう命じた。ロイター通信が報じた。[...]

国防総省、対中タスクフォースは永続的なものとしては想定していない

(2021年2月21日)
挑発的行為を強める中国の脅威に焦点を当てた国防総省の新たなタスクフォースを率いるエリー・ラトナー氏は、新たな政府官僚組織を作るつもりはないと語った。[...]

「今は来るべき時ではない」ホワイトハウスが移民に呼び掛け

(2021年2月20日)
ホワイトハウスは10日、米国への移民希望者、亡命希望者らに母国にとどまるよう呼び掛け、米国は今、受け入れる余裕がないと訴えた。[...]

バイデン政権は中国の米大学浸透をどのように容認しているか

(2021年2月19日)
米国土安全保障省は、米国の大学や学校に対して、中国政府が資金提供する「孔子学院」との合意内容を開示するよう求める連邦規則の提案を破棄した。[...]

バイデン政権、中国の脅威に対抗するため国防総省に「タスクフォース」

(2021年2月18日)
バイデン大統領は10日、政府全体で至急、中国による脅威を再評価し、対応できるようにするよう要請。大統領として初めて国防総省を訪れ、21世紀の主要競合国、中国に対する米軍の方針を根底から見直すハイレベルタスクフォースの設置を発表した。[...]
→その他のニュース

お知らせ・PR

Trump Central Review



→ご購読はこちらから