バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年9月17日)

In this July 16, 2019, file photo, Sen. Kyrsten Sinema, D-Ariz., listens to witnesses during a hearing on 2020 census on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Manuel Balce)


 バイデン大統領は、上院民主党の穏健派議員に3.5兆㌦の国内歳出法案への協力を呼びかける。

 バイデン氏は15日、態度を決めていないウェストバージニア州選出のジョー・マンチン議員とアリゾナ州選出のキルステン・シネマ議員をホワイトハウスに招いている。

 両議員との個別の会合でバイデン氏は、3.5兆㌦の法案を推進するためには民主党の団結が必要であることを強調する。

 上院での法案審議が停滞する中で、バイデン氏が個人的に説得に乗り出した格好だ。マンチン氏とシネマ氏は特に、法案の規模と範囲に反対している。

 両氏は、法案の規模の縮小を求めており、マンチン氏は1.5兆㌦を超えないようにすることを繰り返し求めている。

 マンチン氏は、「私の主張は誰もが知っている。この点ははっきりしており、隠してもいない。驚くことではない」と述べた。

 民主党議員団の大半は、規模の見直しに反対している。バーモント州選出で社会主義者を自任するバーナード・サンダース上院予算委員長は、社会的セーフティーネットの拡充のために3.5兆㌦が必要という立場を堅持している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

FB副社長、SNSの改善へ議会に期待

(2021年10月16日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)
→その他のニュース