FB副社長、SNSの改善へ議会に期待

(2021年10月16日)

2015年4月28日、ロンドンでの記者会見に臨む、英国自由民主党のニック・クレッグ党首(AP Photo/Kirsty Wigglesworth, File)


 フェイスブックのニック・クレッグ副社長は10日、同社のソーシャル・ネットワーキング・プラットホームのあり方を変えるような行動を議会に期待していると語った。

 フェイスブックの元データサイエンティスト、フランシス・ホーゲンさんからの批判を取り上げた上院公聴会の後、イギリスの元副首相で自由民主党の党首だったクレッグ氏は、ABCの「ディス・ウィーク」で、政府にしかできないこともあると語った。

 クレッグ氏は、「今週、明るい兆しがあるとすれば、スローガンやキャッチフレーズ、単純化された風刺画にとどまらない、現実的な解決策に到達できるかもしれないということだ。つまり規制だ。議員にしかできないことがある。議員だけが230条を改正することができ、議員だけが連邦プライバシー法を導入することができ、議員だけが選挙を保護するための法律を導入することができる。だがそれは、フェイスブックが担っている責任の代わりとなるものではない」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、戦略的石油備蓄の放出を指示、ガソリン高騰はクリーンエネルギー推進が原因ではないと主張

(2021年12月01日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

バイデン氏、最高裁判事の任期制限は支持しない

(2021年10月21日)

サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)
→その他のニュース