米MS 中国でリンクトイン再開 投稿などの機能を削除

(2021年12月16日)

2016年6月13日(月)、ニューヨーク証券取引所のフロアで取引するポストのスクリーンにLinkedInのロゴが表示されている。(AP Photo/Richard Drew)


 米マイクロソフトは、中国での運用を停止していたビジネス向け交流サイト(SNS)リンクトインの縮小版「インキャリア」の運用を開始した。投稿やメッセージ共有機能などを外した中国専用版で、言論統制を強める中国政府の圧力に屈した格好だ。

 リンクトインのモハク・シュロフ副社長は、「インキャリアは、投稿や共有はできないが、プロフィルを更新したり、採用担当者のメッセージを受けたりできる」と、求職サイトとしての機能は維持していると主張した。

 共和党のルビオ上院議員らは14日、ワシントン・タイムズに、リンクトインの中国撤退は「正しい措置」であり、中国で事業を行うリスクを忘れてはならないと強調。「新しいサイトのユーザーのキャリア、希望する職業などの個人情報は、直ちに中国共産党の手に渡る。中国で事業を行うことは、全体主義を支持することになる」と警告した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


インフレが家計を圧迫、民主党は危機に対応できず

(2022年01月20日)

デジタル領域で活気帯びるNFT市場、疑問の声も

(2022年01月15日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)

バイデン政権では半導体不足の解消に数年かかる

(2021年12月25日)

米金融大手の年金基金対中投資に10州が見直し要求

(2021年12月10日)

バイデン氏、戦略的石油備蓄の放出を指示、ガソリン高騰はクリーンエネルギー推進が原因ではないと主張

(2021年12月01日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

FB副社長、SNSの改善へ議会に期待

(2021年10月16日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)
→その他のニュース