民主党、国防生産法によるガソリン価格抑制を要求

(2022年3月25日)

2022年3月8日(火)、ワシントンの連邦議会議事堂で、上院エネルギー・天然資源委員会委員長のジョー・マンチン上院議員(民主党)が、同僚民主党議員とのランチミーティングに到着し、記者団に話すために立ち止まる。(AP写真/J. Scott Applewhite)


 一部の民主党議員らは、バイデン大統領に対し、米国のガソリン価格を高騰させている世界的なエネルギー危機と戦うために、戦時行政権を発動するなど、国内エネルギー生産を促進する代替策をとるよう圧力を強めている。

 国防生産法(DPA)の発動は、異例ではあるが、前例がないわけではない。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大や戦争のような国家的緊急事態に備えるための措置であり、DPAの発動は、中間選挙を控え、記録的な高値のガソリン価格を抑制することが、政権にとって重大な課題としてのしかかっていることを示している。

 民主党は、石油企業がパンデミックにより収益減に見舞われており、ウクライナ戦争に乗じて利益を上げようとしていると考えており、DPAの発動はこのことも一因だと指摘している。

 世界の原油価格はここ数日、1バレル100ドル程度まで下落しているが、ガソリン価格は依然として記録的な水準にある。16日のレギュラーガソリン1ガロン(約3.8リットル)の平均価格は4.31ドルで、ロシアがウクライナに侵攻する前の1カ月前と比べると80セントも上昇している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

FRB、インフレは収まる兆し無く利上げを断行と報告

(2022年05月13日)

規制の障害に阻まれる自動運転車

(2022年05月08日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)
→その他のニュース