保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年4月29日)

2019年8月11日、ニューオーリンズで撮影したクレジットカード。クレジットカードは、便利で有用な決済ツール。しかし、単にポイントやマイル、特典を得るだけでなく、思いもよらない戦略的な使い方や意外な使い方もある。(AP写真/Jenny Kane)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Tuesday, April 26, 2022

 リベラルな運動や組織を支援することが多いクレジットカード会社に対抗して26日、初の「保守派による、保守派のための」クレジットカード「コイン」が誕生した。

 創設者のロブ・コリンズ氏は、「近年、大手の銀行、クレジットカード会社、企業が、左翼的な考えを持ち、左派の政治を支援し、極左のリベラル運動に同調する組織に巨額の資金を投じてきた」と指摘、カード手数料の一部が左派系組織に流れていることへ懸念を示した。

 アメックスは、2020年に「多様性、包摂、公平」を推進する10億㌦の行動計画を表明、保守派の反発を招いた。大手クレジットカード会社「ビッグ8」のうち3社は、同性愛者らを支援する人権団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」が3月31日に発表した「反LGBTQ+法案」反対声明への支持を表明した。法案は、トランスジェンダー選手の女子スポーツへの参加禁止などを求めている。

 コインは声明で「寄付を通じて保守派の主張を表明する」ことを約束するとしており、コリンズ氏によると、どの運動、組織に寄付するかはカード所有者の投票で決めるという。

EV所有者のほぼ半数、ガソリン車に戻りたい―調査

(2024年06月27日)

米情報機関、経済に通じたスパイ確保が急務

(2024年06月01日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

バイデン再選を邪魔するインフレ

(2024年02月24日)

投資家ソロス氏、220のラジオ局を買収 大統領選に影響も

(2024年02月16日)

米国の鉄鋼を鍛える 日本製鉄がUSスチール買収

(2024年01月13日)

EV普及を急ぐバイデン氏 損失被る販売店

(2023年12月02日)

半導体戦争が激化、取り残される中国

(2023年10月11日)

「バイデノミクス」が労働者階級に打撃

(2023年09月09日)

中国の米EV市場進出を「警戒」

(2023年08月09日)
→その他のニュース