グラスリー上院議員、保守系女性団体の監視でFBIに説明要求

(2021年7月31日)

In this Tuesday, June 8, 2021, photo, Sen. Chuck Grassley, R-Iowa, listens during a Senate Finance Committee hearing on the IRS budget request on Capitol Hill in Washington. (Tom Williams/Pool via AP)


 ワシントン・タイムズによると、チャールズ・グラスリー上院議員は、連邦捜査局(FBI)が新たに明らかにした保守系団体「米国のための憂慮する女性たち(CWA)」への捜査について、その理由を説明するよう求めている。

 FBIの捜査は、CWAの指導者や、法執行機関や情報機関による国民の監視を懸念する人々の反発を招いた。

 FBIがケイトー研究所からの情報公開法の要請に応じて公表した文書によると、FBIは2016年7月、「非営利団体の横領/企業の不正行為」の可能性があるとして「慈善事業評価」を行った結果、CWAに関して捜査することはないと判断していた。

 FBIのワシントン支局は、慈善団体を評価する組織「チャリティー・ナビゲーター」からの評価が低いことが、CWAの捜査開始の理由だと説明した。2016年7月5日のFBIの最終報告を修正するものであり、これで、捜査のきっかけは他にあったのか、FBIがどのように憂慮する女性たちを監視していたのかを把握することはできなくなる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)

「バイデンフレーション」Xマスの食卓直撃

(2021年12月22日)
→その他のニュース