地名変更で歴史の書き換えを目論む米リベラル勢力

(2021年8月1日)


 米民主党議員とデブ・ハーランド内務長官は、1000以上の川や山、その他の場所の名称を変更したいと考えているが、これらの地名は人種差別的だというのがその理由だ。  

 エリザベス・ウォーレン民主党上院議員(マサチューセッツ州選出)とアル・グリーン同党下院議員(テキサス州選出)がそれぞれ先週提出した法案も、「人種的に不快な考え方を持っていた」か「人種的少数派に対して不正義を行った」人物をたたえる地名を取り除くというものだ。  

 「全ての人の自由と正義を追求する国において、たとえ地理上であっても人種差別は許されない」。グリーン氏はこう主張している。  

 議員たちは対象とする地名のリストを出していない。コロラド州のコロンブス山など、クリストファー・コロンブスにちなんだ地名はリストに載る可能性がある。大西洋を横断した探検家コロンブスに対し、先住民への虐待を理由に不正義を行ったと批判する人々がいるからだ。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース