トランスジェンダーから裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が提訴

(2021年10月4日)


 米ウィスコンシン州の男性刑務所で、トランスジェンダーの刑務官から裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が、信仰や信教の自由が侵害されたとして連邦裁判所に訴訟を起こしている。  

 シカゴの第7高裁で9月22日、3人の判事による審理が行われた。判決はまだ出ていない。  

 受刑者の権利やLGBT(性的少数者)の権利に詳しい複数の専門家がワシントン・タイムズ紙に語ったところでは、この裁判は憲法や刑務所に関する法律に影響を与える可能性があるという。  

 グリーンベイ矯正施設のルフス・ウエスト受刑者(50)の訴えによると、アイザック・バール刑務官が2016年に同受刑者への裸の検査を担当したことは、州の規則やシャリア(イスラム法)に反するものだとしている。同受刑者の苦情に対し、職員はそれに慣れろと言ったという。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

米、リモートワーク拡大で都市脱出が加速

(2021年10月17日)

国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

マルクス主義的な考え方を受け入れる米国民が増加

(2021年10月10日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

シカゴの銃声検知システムに批判

(2021年10月02日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

米国の名門大学で吹き荒れる「キャンセル文化」

(2021年09月27日)
→その他のニュース