人種カード効かず無罪評決

(2021年12月1日)

2021年11月19日(金)、カリフォルニア州オークランドにて、ウィスコンシン州ケノーシャのカイル・リッテンハウスの無罪判決を受けて行われたデモで、サインを掲げるブリア・スウェンソン。(AP Photo/Noah Berger)

By Editorial Board – The Washington Times – Monday, November 22, 2021

 MSNBC(特にジョイ・リード氏)がネットワークの極左のゲストその他を相手に司会をするのを聞くと、人は2021年のウィスコンシン州ケノーシャは、(公民権運動活動家らが殺害された)1964年当時のミシシッピ州ネショバ郡と変わらないと思うだろう。

 リード女史や、その他の人種的憎悪火付け人らは、2020年8月のジョセフ・ローゼンバウム氏とアンソニー・フーバー氏に対する正当防衛での殺人と、ゲイジ・グロスクロイツ氏を負傷させたことから成る殺人、殺人未遂および無謀な危険行為など、あらゆる容疑を掛けられていたカイル・リッテンハウス被告(18)に、ケノーシャの陪審員らが無罪評決を下した後、怒りをあらわにした。

 告訴は間違いであり、直観と相いれない。リッテンハウス被告が銃で撃った人々が、リッテンハウス被告と同じ白人だったからだ。

 さらに、検察でさえ、はっきり認めたように、乱闘の中で汚い言葉を投げ付けたのは、リッテンハウス被告ではなく、ローゼンバウム氏だった。

 しかし、リード女史のような人種差別を自身のために利用してきた人々が、事件を不当に利用して、何の根拠もない人種的分裂をあおるのを防ぐことはできなかった。彼女は、リッテンハウス被告が裁判中に涙を流したことも攻撃し、「男のくせに、わざとらしい」と嘲笑した。それは人種差別主義者のすることであるのみならず、性差別主義者のすることでもあって、立場が逆転したら、それは、白人男性のテレビ司会者を停職や解雇に追い込みかねないことだ。

 長年の人種問題活動家ジェシー・ジャクソン師も、「私には、人権デモ参加者らへの攻撃のように見える」としゃしゃり出てきた。

攻撃を誘発するようなことは何もしなかった17歳のリッテンハウス被告に重傷を負わせたり、殺害したりしようとした人々は、いつから「人権デモ参加者」になったのだろう。

 そればかりか、ローゼンバウム、フーバー、グロスクロイツ氏らは、暴力犯罪で何度も逮捕されているが、リッテンハウス被告は犯罪歴がなく、陪審のおかげで、今もゼロだ。

 しかし、バイデン大統領とそのスタッフらは、ホワイトハウスが19日に出した無責任な発表から判断して、それを知りもしなければ、気にも掛けず、リッテンハウス被告は正当防衛を行使したとして無罪となった後に、陪審員らを非難した。

 バイデン氏は「ケノーシャの評決は、(語気を強めて)私を含め、多くの米国人の心に怒りと懸念を残すだろうが、私たちは、陪審員らが発言したことは認めなくてはならない」と述べたが、2020年の大統領選挙中の動画では――証拠も無く――リッテンハウス被告を「白人至上主義者」とひとくくりにしていた。

 「ジョー・バイデン氏は公式にカイル・リッテンハウスさんに謝罪する必要がある」と、無罪評決後にツイートしたトム・コットン上院議員(共和、アーカンソー州)に私たちは同感である。

 人種差別を利用することが――極めて長い間、乱暴に、無思慮に行われてきたが――ようやく、その脅し文句が威力を失いつつあることは、私たちに希望を持たせる。ことわざの「オオカミ少年」にあるように、信じる者はほとんどいなくなるからだ。

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

中国当局者に禁錮20年-米でスパイ活動、航空機企業の技術情報狙う

(2022年11月19日)

連邦控訴裁、バイデン氏の学生ローン免除を差し止め

(2022年11月18日)

陰謀組織が政府を支配-世論調査

(2022年11月10日)

高い物価・犯罪率に苛立つ有権者から離れてしまった民主党

(2022年11月08日)

国民に信頼されていないFBI

(2022年11月02日)

法律顧問がウォーク文化に対抗する力を得る

(2022年10月29日)

保守勢力、選挙健全化で投票監視ボランティアを多数募る

(2022年10月27日)

逮捕の反中絶キリスト教徒 司法省を非難

(2022年10月26日)

バイデン政権、学生ローン免除申請サイトのテストを開始

(2022年10月20日)
→その他のニュース