人種カード効かず無罪評決

(2021年12月1日)

2021年11月19日(金)、カリフォルニア州オークランドにて、ウィスコンシン州ケノーシャのカイル・リッテンハウスの無罪判決を受けて行われたデモで、サインを掲げるブリア・スウェンソン。(AP Photo/Noah Berger)


 MSNBC(特にジョイ・リード氏)がネットワークの極左のゲストその他を相手に司会をするのを聞くと、人は2021年のウィスコンシン州ケノーシャは、(公民権運動活動家らが殺害された)1964年当時のミシシッピ州ネショバ郡と変わらないと思うだろう。

 リード女史や、その他の人種的憎悪火付け人らは、2020年8月のジョセフ・ローゼンバウム氏とアンソニー・フーバー氏に対する正当防衛での殺人と、ゲイジ・グロスクロイツ氏を負傷させたことから成る殺人、殺人未遂および無謀な危険行為など、あらゆる容疑を掛けられていたカイル・リッテンハウス被告(18)に、ケノーシャの陪審員らが無罪評決を下した後、怒りをあらわにした。

 告訴は間違いであり、直観と相いれない。リッテンハウス被告が銃で撃った人々が、リッテンハウス被告と同じ白人だったからだ。

 さらに、検察でさえ、はっきり認めたように、乱闘の中で汚い言葉を投げ付けたのは、リッテンハウス被告ではなく、ローゼンバウム氏だった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)
→その他のニュース