バイデン政権、トラック用シャシーの関税撤廃せず

(2021年12月11日)

2019年11月4日、ワシントン州タコマ市のタコマ港で、Yang Ming Marine Transport Corporationの船からコンテナを降ろすために貨物用クレーンが使用されている。(AP Photo/Ted S. Warren, File)


 バイデン政権が、中国から輸入されるトラック輸送機器にかけられている大規模な関税を撤廃するだけで、サプライチェーン(供給網)の危機を緩和できると専門家は言うが、政権はこれまでのところ、これを拒否している。

 5月、商務省は中国製のトラック用シャシーに221%の関税を課した。これは、輸送用コンテナを道路で運ぶための特殊なトレーラーだ。このシャシーは、トラック運転手が、あらゆる種類の消費財を詰めたコンテナを港や鉄道基地、店舗などに配送するために使用される。

 中国は世界最大のシャシー生産国であり、この関税は、トランプ政権が中国製シャシーに課した25%の関税に上乗せされる。この関税を合わせると、以前は約1万2000ドルだったシャシーの価格に、およそ2万5000ドルが上乗せされることになる。

 当時、商務省は、米国のシャシーメーカーが安価な中国からの輸入品によって壊滅的な打撃を受け、何百人もの労働者が解雇されたため、この措置が必要だと述べていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース