警官への攻撃が増加 敬意の喪失が一因と警察幹部が指摘

(2021年12月13日)

2021年12月3日、テキサス州メスキートで警官が関与した銃撃事件の現場を、メスキート警察が捜査している。(Elias Valverde II/The Dallas Morning News via AP)


 全米警察組合のリーダーは、今年に入って警察を標的とした銃撃や待ち伏せ型攻撃が増加しているのは、法執行機関に対する敵意の高まりと関連していると述べている。

 全米警察友愛会(FOP)が先週発表した2021年の報告書によると、11月までに314人の警官が職務中に銃撃された。2021年はまだ1カ月残っているが、この数字は過去3年間で最も多い。

 友愛会によると、2020年全体で312人の警官が撃たれ、2019年は293人、2018年は237人だった。報告書によると、今年撃たれた警官のうち58人が死亡しており、2020年の47人、2019年の50人から増加した。

 1996年に初めて発表された連邦捜査局(FBI)の「米国法執行官の殺害および暴行に関する年次報告書」によると、同年に勤務中に死亡した55人の警察官のうち、4人を除いて全員が銃で殺害された。

 FOPのパトリック・ヨース会長は、「最近の法執行機関に対する敬意の低下によって、過去数年間に見られた以上に警察官に対する攻撃性が高まっている」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース