警官への攻撃が増加 敬意の喪失が一因と警察幹部が指摘

(2021年12月13日)

2021年12月3日、テキサス州メスキートで警官が関与した銃撃事件の現場を、メスキート警察が捜査している。(Elias Valverde II/The Dallas Morning News via AP)


 全米警察組合のリーダーは、今年に入って警察を標的とした銃撃や待ち伏せ型攻撃が増加しているのは、法執行機関に対する敵意の高まりと関連していると述べている。

 全米警察友愛会(FOP)が先週発表した2021年の報告書によると、11月までに314人の警官が職務中に銃撃された。2021年はまだ1カ月残っているが、この数字は過去3年間で最も多い。

 友愛会によると、2020年全体で312人の警官が撃たれ、2019年は293人、2018年は237人だった。報告書によると、今年撃たれた警官のうち58人が死亡しており、2020年の47人、2019年の50人から増加した。

 1996年に初めて発表された連邦捜査局(FBI)の「米国法執行官の殺害および暴行に関する年次報告書」によると、同年に勤務中に死亡した55人の警察官のうち、4人を除いて全員が銃で殺害された。

 FOPのパトリック・ヨース会長は、「最近の法執行機関に対する敬意の低下によって、過去数年間に見られた以上に警察官に対する攻撃性が高まっている」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)
→その他のニュース