バイデン氏、テキサス州中絶法めぐり最高裁を非難

(2021年12月18日)

2021年12月10日(金)、ワシントンのホワイトハウス構内のサウスコート講堂で、バーチャルな民主主義サミットで閉会の挨拶をするジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Evan Vucci)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Friday, December 10, 2021

 バイデン大統領は10日、連邦最高裁がテキサス州の人工妊娠中絶法は法的な異議申し立ての結果が出るまで有効としたことについて「非常に懸念している」と述べた。

 バイデン氏は、妊娠6カ月以降の中絶を禁止するSB8として知られるこの法律と、中絶手術を行う人に対する訴訟をそのままにしておくことは、全米の女性が選ぶ権利を失う危険があると述べた。

 バイデン氏は、「私は、SB8がテキサス州や全米の女性、そして法の支配に重大な影響を及ぼすことに鑑み、SB8の執行を継続させるという最高裁の決定を非常に憂慮している。初日から明らかにしてきたように、私は約50年前にロー対ウェイド判決で認められた憲法上の権利を強く支持している」と述べた。

 その上で、厳しい中絶法を可決したのはテキサス州だけではないと指摘し、これは、中絶の権利を守るためにもっと多くの仕事をする必要があることを示していると指摘。中絶を憲法上の権利として成文化する法案を可決するよう、議会に呼びかけた。

 「私は今後も、『女性の健康保護法』を可決するために議会と協力する。やるべきことはまだあるが、私は常に女性とともに立ち上がり、ロー対ウェイド判決の下で長年認められてきた憲法上の権利を守り抜く」と述べた。

 最高裁は10日、この法律をめぐって中絶業者がテキサス州に対して起こした訴訟について、法律が施行されるまでは訴訟を起こすことはできないとするテキサス州の法的主張にもかかわらず、訴訟を進めることができるとの判断を下した。

 また、最高裁は、司法省による提訴を棄却、この法律に反対する民間訴訟のみが進められることになった。

FBI専門家、AI悪用で捜査難しく 誰もが標的になりうる

(2024年06月08日)

ハーバード大、雇用時の「多様性宣言」を廃止

(2024年06月04日)

全米で先住民のチーム名・ロゴ復活の動き

(2024年05月29日)

戦没者墓石に国旗 アーリントン墓地で伝統の「フラッグイン」

(2024年05月28日)

性転換を親に隠す指針に反対 最高裁が訴え棄却

(2024年05月25日)

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)

トランス選手が女子陸上で優勝 観客からブーイングも-オレゴン州

(2024年05月22日)

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)
→その他のニュース