バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年1月1日)

2021年12月23日(木)、ワシントンのホワイトハウス構内のサウスコート講堂で行われた式典で、「ALSのための重要な治療法へのアクセスを加速する法案」に署名した後、話すジョー・バイデン大統領。 (AP Photo/Patrick Semansky)


 バイデン大統領は、ドナルド・トランプ前大統領が連邦裁判所を保守派判事で埋め尽くしたよりも速いペースで、リベラル派の裁判官を指名しており、最高裁の判事増員計画を断念したことに不満を持つ進歩的な層をなだめようとしている。

 上院は今年、強い権限を持つ連邦控訴裁判所の11人の裁判官を含む、バイデン氏の判事候補者40人を承認した。2017年にトランプ氏が指名、上院で承認された判事は19人で、そのうち、控訴裁判事は12人だった。

 バイデン氏は、73人の判事を指名している。これは、2017年のトランプ氏より1人多い。その中には21人の元公選弁護人と16人の元公民権弁護士が含まれている。

 大きな違いは、トランプ氏が1年目にニール・ゴーサッチ最高裁判事を指名したのに対し、バイデン氏はまだ埋められる最高裁の空席がないことだ。スティーブン・ブレイヤー判事(83)は、進歩派による引退要求に抵抗しており、バイデン氏の最高裁改革検討委員会は判事の増員に踏み切らず、リベラル派を失望させた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

進まないグアンタナモ閉鎖、政府対応に不満も

(2022年01月19日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)
→その他のニュース