デジタル領域で活気帯びるNFT市場、疑問の声も

(2022年1月15日)

2020年2月2日(日)、ロンドン中心部で開催されたBafta Film Awardsに到着し、カメラマンに向けてポーズをとるクエンティン・タランティーノ監督。(Photo by Vianney Le Caer/Invision/AP, File)


 弟に指をかまれ泣きそうになる幼児の動画、ツイッターの最初の投稿、ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のタイトエンド、ロブ・グロンコウスキーのオンライン・トレーディング・カード。

 よく見掛けるこれらのコンテンツが、デジタル資産「NFT(非代替性トークン)」の普及で価値を高めている。所有者は、デジタル領域でこれらの唯一のデジタル資産の所有権を保証されている。人を楽しませる芸術作品のこともある。富を生み出し、特定の人々だけものだったコミュニティーの門戸が開かれようとしている。

 NFTへの理解を深めるため、ジェニファー・ワン、ピーター・ハミルトン両氏は、「シアトルNFTミュージアム」の設立に取り組んでいる。14日にオープンの予定だ。ミュージアムは、NFTデジタルアート作品を高解像度スクリーン上に展示する。ワン氏によると、展示されているのはすべてオリジナル作品で、アーティストとコレクターから借り受けており、ネットからのコピーではないという。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国の商工会議所は誰のものか

(2022年06月30日)

バイデン大統領のガソリン税優遇措置に身内からも反発

(2022年06月28日)

ホワイトハウス、インフレと粉ミルク不足の責任を回避

(2022年06月13日)

米企業による言論の自由への尊重度を保守派が格付け

(2022年06月05日)

バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

FRB、インフレは収まる兆し無く利上げを断行と報告

(2022年05月13日)

規制の障害に阻まれる自動運転車

(2022年05月08日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)

世論調査:69%がバイデンのインフレ対応に不支持

(2022年04月18日)
→その他のニュース