トランスジェンダーの権利拡大で脅かされる女性刑務所の安全

(2022年2月20日)

2016年11月18日(金)、イリノイ州リンカーンにあるローガン矯正センターの管理棟に降り注ぐ雨。(AP Photo/Seth Perlman, FILE)


 これまで以上に多くのトランスジェンダーの受刑者が女性刑務所に入るようになっている。これは性自認運動にとっては勝利だが、新しくやって来た受刑者と生活空間の共有を強いられる女性受刑者たちにとっては必ずしもそうではない。

 イリノイ州のローガン女性矯正センターへの移送を勝ち取った殺人犯のジャニア・モンロー(元アンドレ・パターソン)受刑者を例に挙げよう。2019年の訴状によると、同受刑者は男性刑務所で長年、嫌がらせや身体的暴行、性的虐待を受けていた。

 移送後すぐに、モンロー受刑者はホルモン療法を止め、他の受刑者を脅し、性的に活発になったと、刑務所の精神科医は証言した。別の受刑者はモンロー受刑者がレイプしたと訴えた。モンロー受刑者の弁護士は、これらの非難は 「彼女をローガン女性矯正センターから追い出すためのキャンペーンの一環」だと主張した。

 トランスジェンダーの安全をめぐる懸念が、性自認に基づいて刑務所の収容先を決める法律や政策、訴訟に拍車を掛けている。だが、女性受刑者を擁護する活動家たちは、そうした措置はある脆弱(ぜいじゃく)な人々の福祉を別の人々と交換するだけだと主張している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース