マコウスキー、ロムニー両議員が最高裁判事候補への支持を表明

(2022年4月7日)

2022年4月4日(月)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われたマーク・ワーナー上院議員(民主党、バージニア州)との会談で、最高裁判事候補のケータンジ・ブラウン・ジャクソン判事が報道陣をにらんでいる。(AP写真/Manuel Balce Ceneta)


 リサ・マコウスキー、ミット・ロムニー両上院議員は4日、共和党の同僚であるスーザン・コリンズ上院議員と共に、最高裁判事候補であるケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏を支持すると発表した。

 アラスカ州とユタ州選出の両共和党議員の発表に先立ち、メイン州の共和党議員であるコリンズ氏が先週、同判事を支持する予定であることを発表していた。

 マコウスキー氏は、バイデン氏が指名したジャクソン候補の経歴を検討した結果、公職や個人事務所での勤務経験や米量刑委員会の委員を務めるなど、非常に優秀であると判断したという。

 マコウスキー氏は、「彼女の訴訟における経歴を見る限り、法廷で他の追随を許さないほどのさまざまな知見を最高裁にもたらすだろう。ジャクソン判事の判決や意見に全て同意するわけではないし、今後も同意することはないだろうが、彼女の事件への取り組みは慎重に検討され、十分に理路整然としている」と述べた。

 その上でマコウスキー氏は、最高裁の指名プロセスがあまりにも政治的になっており、指名に賛成するのは「腐敗した二極化」に対する拒絶反応だと主張した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)
→その他のニュース