マコウスキー、ロムニー両議員が最高裁判事候補への支持を表明

(2022年4月7日)

2022年4月4日(月)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われたマーク・ワーナー上院議員(民主党、バージニア州)との会談で、最高裁判事候補のケータンジ・ブラウン・ジャクソン判事が報道陣をにらんでいる。(AP写真/Manuel Balce Ceneta)

By Alex Swoyer – The Washington Times – Monday, April 4, 2022 リサ・マコウスキー、ミット・ロムニー両上院議員は4日、共和党の同僚であるスーザン・コリンズ上院議員と共に、最高裁判事候補であるケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏を支持すると発表した。

 アラスカ州とユタ州選出の両共和党議員の発表に先立ち、メイン州の共和党議員であるコリンズ氏が先週、同判事を支持する予定であることを発表していた。

 マコウスキー氏は、バイデン氏が指名したジャクソン候補の経歴を検討した結果、公職や個人事務所での勤務経験や米量刑委員会の委員を務めるなど、非常に優秀であると判断したという。

 マコウスキー氏は、「彼女の訴訟における経歴を見る限り、法廷で他の追随を許さないほどのさまざまな知見を最高裁にもたらすだろう。ジャクソン判事の判決や意見に全て同意するわけではないし、今後も同意することはないだろうが、彼女の事件への取り組みは慎重に検討され、十分に理路整然としている」と述べた。

 その上でマコウスキー氏は、最高裁の指名プロセスがあまりにも政治的になっており、指名に賛成するのは「腐敗した二極化」に対する拒絶反応だと主張した。

 ロムニー氏も同様に、同判事は「適格な」法学者だと述べた。

 上院は早ければ7日にも候補者を承認する投票を行う。

 ジャクソン判事は黒人女性として初の最高裁判事となる見込み。

 また、女性としては6人目の最高裁判事となり、現在在職中の3人の女性判事、ソニア・ソトマヨール判事、エレナ・ケーガン判事、エイミー・コニー・バレット判事と合流する。

環境団体と政策当局者が、ガス器具・装置の廃止を内々に画策

(2023年01月31日)

米国は子供の性転換に寛容、欧州は再びセラピー重視

(2023年01月22日)

システム不具合で飛行停止、バイデン氏は運輸長官への信頼強調

(2023年01月20日)

新AIソフトに教師ら苦慮 論文を自動作成、不正利用も

(2023年01月15日)

FBI、情報機関使い一般市民を捜査

(2023年01月14日)

米軍に押し付けるリベラル政策への攻撃を準備する共和党

(2023年01月03日)

米で広がるドラッグイベントへの抗議、子供の入場禁止も

(2022年12月25日)

新型コロナ制限措置は10代の女子に精神的負担もたらす

(2022年12月18日)

ロー判決の破棄後、教会への攻撃が激増

(2022年12月17日)

結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)
→その他のニュース