クルーズ上院議員、FBI捜査官の規則違反めぐり公聴会を要請

(2022年4月8日)

2022年3月23日(水)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた上院司法委員会の承認公聴会で、最高裁判事候補のケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏に質問するテキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員(共和党)。(AP写真/アレックス・ブランドン)


 政治家、選挙候補者、宗教団体、報道機関などが関わる捜査で捜査官が規則に違反していたことが内部監査で明らかになったことを受けて、テッド・クルーズ上院議員(共和、テキサス州)は上院司法委員会で連邦捜査局(FBI)への監視を強化するよう求めた。

 2019年のFBI監査で、捜査官が機密性の高い捜査を行う中で、1年半で747回もFBIの規則に違反していたことが明らかになった。ワシントン・タイムズが最初に報じた。

 クルーズ氏は司法委員会のリチャード・ダービン委員長(民主、イリノイ州)に手紙を送り、FBIのクリストファー・レイ長官、司法省マイケル・ホロウィッツ監察官、2019年のFBI監査で詳述された違反規則を把握している各部門のトップを公聴会に招集するよう要請した。

 ダービン氏は今週に入って、チャック・グラスリー上院議員(共和、アイオワ州)とともに、ホロウィッツ氏にFBIの記録を確認するよう求め、レイ氏には編集されていない監査書の写しを渡すよう要求した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)
→その他のニュース