ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年5月9日)

2022年4月18日、ワシントンのホワイトハウス南側芝生で行われたホワイトハウス・イースター・エッグ・ロールで、ゲストに語りかけるジョー・バイデン大統領の息子、ハンター・バイデン氏。(AP Photo/Andrew Harnik, File)

By Ramsey Touchberry – The Washington Times – Wednesday, May 4, 2022

 ハンター・バイデン氏のノートパソコンの存在を明らかにしたデラウェア州のコンピューター修理工が、アダム・シフ下院議員(民主、カリフォルニア州)と三つの報道機関を訴え、虚偽の情報を流したために最終的に店を閉めざるを得なかったとして、少なくとも100万ドルを要求している。

 ジョン・ポール・マック・アイザック氏(45)はニューヨーク・ポスト紙に対し、仕事と信頼を破壊したとして、シフ氏、CNN、ポリティコ、デイリー・ビーストを名誉毀損で提訴したことを明らかにした。ハンター氏は、アイザック氏の店に修理に出したノートパソコンを放棄していた。

 ニューヨーク・ポストは2020年の選挙前に、ノートパソコンの内容について最初に報じたが、民主党はロシアの偽情報としてこの報道を否定した。共和党は、パソコンの内容から、父親のバイデン大統領がこれまで主張してきた以上にハンター氏のビジネスについて認識していたことがはっきりしたと主張している。

 アイザック氏は訴えの中で、シフ氏がCNNで、ロシアは「中傷キャンペーン」を推進しているとうその発言をしたと主張している。また、数十人の元情報機関職員がこのニュースを「ロシアの偽情報」と判断していると報じたポリティコ、ノートパソコンを盗んだとアイザック氏を非難したデイリー・ビーストも標的にしている。

 アイザック氏は以前、このノートパソコンに関するニューヨーク・ポストの記事を削除したとして、ツイッター社を提訴し、敗訴している。

米国は子供の性転換に寛容、欧州は再びセラピー重視

(2023年01月22日)

システム不具合で飛行停止、バイデン氏は運輸長官への信頼強調

(2023年01月20日)

新AIソフトに教師ら苦慮 論文を自動作成、不正利用も

(2023年01月15日)

FBI、情報機関使い一般市民を捜査

(2023年01月14日)

米軍に押し付けるリベラル政策への攻撃を準備する共和党

(2023年01月03日)

米で広がるドラッグイベントへの抗議、子供の入場禁止も

(2022年12月25日)

新型コロナ制限措置は10代の女子に精神的負担もたらす

(2022年12月18日)

ロー判決の破棄後、教会への攻撃が激増

(2022年12月17日)

結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)

スマホが幼児の情緒的発達阻害-小児科医らが調査

(2022年12月16日)
→その他のニュース