共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年5月10日)

2022年5月3日火曜日、シアトルのウェストレイク公園での集会の後、パイクストリートを行進する数千人の人々は、連邦最高裁が全国的に中絶を合法化したロー対ウェイド裁判を覆す可能性がある。(Jennifer Buchanan/The Seattle Times via AP)


 共和党下院議員が、裁判官の大半がロー対ウェイド判決を覆すことに賛成していることを示す最高裁意見書の草稿のリークについて、連邦捜査局(FBI)に捜査を要求している。

 テネシー州のティム・バーチェット議員は4日、FBIのクリストファー・レイ長官に捜査を求める書簡を送った。彼は、このリークが最高裁を脅かす試みの一部であったかどうかを判断することは、国民にとって重要だと主張している。

 「この前代未聞のリークは、すべての最高裁判事を危険にさらし、彼らの意見を操作するための大きな取り組みの一部である可能性がある。裁判官は、世論や政治的な強制ではなく、合衆国憲法に基づいて判断するためのプライバシーを持たなければならない」

 ワシントン・タイムズ紙は、この書簡のコピーを独占入手した。共和党は、今回の情報流出により、裁判所の政治から独立した主権が危うくなったと主張している。

 共和党のミッチ・マコネル上院院内総務(ケンタッキー州)のように、このリークは極左工作員が国の最高裁判所の独立性を損なおうとする試みに過ぎないという者もいる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)

地下鉄発砲事件は法執行の分水嶺

(2022年04月21日)
→その他のニュース