共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年5月10日)

2022年5月3日火曜日、シアトルのウェストレイク公園での集会の後、パイクストリートを行進する数千人の人々は、連邦最高裁が全国的に中絶を合法化したロー対ウェイド裁判を覆す可能性がある。(Jennifer Buchanan/The Seattle Times via AP)

By Haris Alic – The Washington Times – Wednesday, May 4, 2022

 共和党下院議員が、裁判官の大半がロー対ウェイド判決を覆すことに賛成していることを示す最高裁意見書の草稿のリークについて、連邦捜査局(FBI)に捜査を要求している。

 テネシー州のティム・バーチェット議員は4日、FBIのクリストファー・レイ長官に捜査を求める書簡を送った。彼は、このリークが最高裁を脅かす試みの一部であったかどうかを判断することは、国民にとって重要だと主張している。

 「この前代未聞のリークは、すべての最高裁判事を危険にさらし、彼らの意見を操作するための大きな取り組みの一部である可能性がある。裁判官は、世論や政治的な強制ではなく、合衆国憲法に基づいて判断するためのプライバシーを持たなければならない」

 ワシントン・タイムズ紙は、この書簡のコピーを独占入手した。共和党は、今回の情報流出により、裁判所の政治から独立した主権が危うくなったと主張している。

 共和党のミッチ・マコネル上院院内総務(ケンタッキー州)のように、このリークは極左工作員が国の最高裁判所の独立性を損なおうとする試みに過ぎないという者もいる。

 マコネル氏は、「極左はこれまでも、連邦判事をいじめ、脅迫し、法の支配を暴徒の支配に置き換えようとしてきた。今回のリークはどう見ても、その取り組みがエスカレートしたものだ」と述べた。

 ジョン・ロバーツ最高裁長官は最高裁の保安官による調査を命じたが、バーチェット氏は、連邦法執行機関が関与し、犯罪が認められ、それゆえに法律で罰せられるかどうかを判断すべきだと主張している。

 「FBIが、このリークの件を検証することは極めて重要だ」

 今週初め、サミュエル・アリート判事が書いた意見書の草稿が、最高裁から流出し、過半数の判事がロー対ウェイド判決を覆す方向に傾いていることが明らかになった。これを受けて、ワシントンや全米の都市でプロチョイス(中絶支持派)とプロライフ(中絶反対派)の活動家らが抗議デモを実施した。

 両者の反応は、1973年の中絶に関するこの画期的な判決に対する最高裁の判断が極めて重要であることを示唆している。この判決が覆れば、「中絶は憲法で保障された権利ではない」ということになる。

 この問題は州政府の管轄下に置かれ、州が拡大したり、全面的に禁止したりすることができるようになる。

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)

バイデン政権、復活祭に「トランス認知」宣言 カトリック・共和が反発

(2024年04月03日)

LGBT・性転換支援に補助金 予算案通過で保守派反発

(2024年03月26日)
→その他のニュース