結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)

2022年12月13日(火)、バイデン大統領が「結婚尊重法」に署名した後、ホワイトハウスがレインボーカラーにライトアップされた。(画像:ホワイトハウスのツイッターアカウント@WhiteHouse)

By Matt Delaney – The Washington Times – Wednesday, December 14, 2022

 バイデン大統領が「結婚尊重法」に署名した火曜日、ホワイトハウスは虹色に照明された。

 同性間および異なる人種間での結婚を保護する法律の署名式が、ホワイトハウスの南正面の芝生で行なわれ、同法は公式に施行された。式典には二千人以上が参席し、その中にはナンシー・ペロシ下院議長、上院民主党のチャールズ・E・シューマー院内総務や、ゲイであることを公表しているピート・ブッティギーグ運輸長官の姿もあった。

 その後、ホワイトハウスの南ポーチコの照明が虹色に投影された。2015年6月にも当時のバラク・オバマ前大統領が、ホワイトハウスの北正面を虹色で照らしたことがある。それは同性婚が合法化されるきっかけになった「オベルゲフェル対ホッジス」判決を、連邦最高裁判所が出した直後のことだ。

 ホワイトハウスはバイデン大統領が結婚尊重法に署名したことを祝って、今夜は虹色に照らされている。

 この法律は超党派の支持を得て可決され、野党の共和党からも下院で39人、上院で12人が同法案では賛成に回った。同法を立法化するきっかけは、堕胎禁止を違憲とした「ロー対ウェイド」判決が、今年六月にくつがえされた後で、最高裁判所のクラレンス・トーマス判事が、前述の同性婚判決を引き出すことになった提訴の原告オベルゲフェル氏の法的地位を再検討すべきではないか、と示唆したことを懸念して立法の運びになったものだ。

 バイデン大統領は式典で、上述のトーマス判事の声明を名指しで非難し、「最高裁判所が係争を裁定することはそれであり、国民の選良が合衆国議会の議場で投票し、はっきりと次のように声を挙げるのは、また別のことだ、愛は愛だ、正しいことは正しい、正義は正義だ、と。」そして、「こうしたことはアメリカが大切に考えている基本的なことだ」と強調した。

 その後も大統領は言葉を継いで、「この法律および、それが擁護する愛というものは、あらゆる形の憎しみに抵抗するものだ。だからこそ、このような法律は、あなたが誰であろうと、誰を愛していようと、すべてのアメリカ人にとって大切なものだと思う」と訴えた。

 政治家以外では、歌手のサム・スミスやシンディ・ローパーなども式典に出席した。

公立学校での性自認教育に多くが不快感-ピュー・リサーチ

(2024年02月29日)

対話型AIに人種的偏見か 白人画像の表示を拒否

(2024年02月28日)

試される日本の信教の自由 ワシントンで国際会議

(2024年02月27日)

重い電気自動車はガードレールや歩行者に危険を及ぼす

(2024年02月18日)

特別検察官報告書で浮き彫りになった司法省のダブルスタンダード

(2024年02月17日)

バイデン米政権が「反ワク本」検閲でアマゾンに圧力

(2024年02月12日)

商務省に新たなスパイ部門 政府が検討

(2024年02月04日)

女子トイレは生物学的女性だけ ウェストバージニア州でも「女性の権利章典」採択へ

(2024年01月30日)

トランス選手から女子スポーツを守れ 競泳のゲインズさんが絵本出版

(2024年01月28日)

子供の性転換を禁止 知事の拒否権覆す―オハイオ州

(2024年01月26日)
→その他のニュース