国土安全保障省の最新データは「タイトル42」終了前から国境の悪化を示す

(2022年12月27日)

2022年5月21日(土)、テキサス州イーグルパスで国境警備隊の捜査官が頭数を数える中、国境の壁の横に立つ移民の一団。イーグルパス地域は、COVID-19の蔓延を防ぐという理由で亡命を求める機会のない移民を追放するタイトル42の権限により、特にメキシコや中米以外からの移民の横断通路としてますます人気が高まっている。(AP Photo/Dario Lopez-Mills、File)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Friday, December 23, 2022

 米国の国境当局は11月、南部の国境で233,740人の不法移民を拘束した。これは同月の記録を更新し、「タイトル42」と呼ばれコロナ感染に関連した移民に対する国境退去政策が終了する前から、状況が混乱していることを示した。

 国土安全保障省は、休日が始まる金曜日夜のデータダンプで、一連の数字を公表した。それによればベネズエラ人の移民が減ったが、ニカラグアとキューバからの移民が急増した。また家族と入国しようとした子供の数も、単独で入国しようとした子供の数も、ともに増加した。

 税関・国境警備局のコミッショナー補佐・トロイ・ミラー氏は、メキシコと中米からの移民が比較的少ないことを挙げ、同データのプラス面を指摘した。

 「メキシコと中米北部からの移民の数は、11月の全移民数の30%そこそこで、これは1年前の同53%から大幅に減少した。この間、キューバやニカラグアその他の国々からの移民は相変わらず増えていた」、同補佐は言う。

 中米からの人々は「タイトル42」の下で退去政策の対象になっている。この点、キューバ人やニカラグア人は追放対象ではなく、だいたい拘束後にすぐ釈放される。識者によれば、釈放される見込みがあり、米国内に足がかりを持っていることが、より多数の不法移民を生むインセンティブになっているという。

 国境警備隊の発表によると、入国地・港湾・空港などの合計で、206,239人の不法移民を拘束した。税関・国境警備局の係官らは他に、許可なく国境通過をしようとした27,501人を捕まえた。

 バイデン政権は「タイトル42」の施行を緩和したため、新規に国境に来た者たちの中で退去させられたのは30%未満に留まった。

 連邦判事は同措置を12月21日までに終了するよう命じたが、ジョン・G・ロバーツ・ジュニア最高裁判長は、高等裁判所が本件に関与するか否かを検討する機会を与えるべく、一時保留するよう指示した。

国土安保省、国境警備隊幹部の議会証言を拒否

(2023年02月01日)

バイデン政権下の無防備な国境

(2023年01月26日)

バイデン氏の国境政策は手遅れ

(2023年01月13日)

バイデン政権、国境の混乱受け政策を転換 トランプ・スタイルを採用

(2023年01月09日)

バイデンの危険な国境政策

(2023年01月05日)

不法移民殺到の責任

(2022年12月29日)

バイデンの愚かなエネルギー政策

(2022年10月28日)

バイデン政権、記録的なテロ容疑者の国境拘束

(2022年10月27日)

不法移民急増で密入国費用が急騰

(2022年10月04日)

移民バス輸送キャンペーンで国境をめぐる深い溝が露呈

(2022年09月23日)
→その他のニュース