中国企業が米基地近くに工場建設計画、空軍の重要拠点で作戦に支障も

(2023年2月3日)

2015年11月3日撮影、同州グランドフォークス空軍基地で米国税関国境警備局の航空・海上作戦を指揮するマックス・レイターマン(左)は、作戦センターで作業を監視している。契約社員のジェフ・ディーム(右)は、センターから発進した無人機の飛行を追跡している。CBPは米国内の3つの都市から無人機を飛ばしている。(AP写真/Dave Kolpack)

By Mike Glenn – The Washington Times – Wednesday, February 1, 2023

 中国企業が米ノースダコタ州の空軍基地近くにトウモロコシ加工工場建設を計画していることを受けて、国防総省が国家安全保障への脅威となり得ると懸念を表明している。

 同州選出のホーベン、クレイマー両上院議員(共和党)が公表した1月27日付の国防総省の書簡によると、中国の食品メーカー「阜豊集団」が同州グランドフォークス空軍基地から19キロの場所に工場建設を計画している。同基地は、大型無人偵察機「グローバルホーク」を運用しており、米軍の偵察・監視活動の拠点。

 空軍のアンドリュー・ハンター次官補(調達・技術・後方支援担当)は、書簡で「空と宇宙での軍事活動の拠点」であり、「作戦に重大な影響を及ぼす可能性があり、国家安全保障にとって重大な脅威」と指摘、議会での対応を求めた。

 阜豊集団は、化学調味料メーカーとしては世界最大級で、中国共産党との関係が指摘されている。

 だが、外資による米企業買収を主に審査する省庁間組織「対米外国投資委員会(CFIUS)」は管轄外として対応を拒否。ホーベン、クレイマー両氏は、米企業が工場の建設、運用を担う案を提示している。

 共和党のルビオ上院議員は、「CFIUSは議会によって国家安全保障を守ることを義務付けられており、中国政府と関連がある企業の米国内での操業を許すべきでない」としている。

サイバー攻撃は新常態 米国は反撃を―元CIA高官

(2024年07月21日)

中国、独自の通信衛星群の配備急ぐ 米スターリンクを警戒

(2024年06月11日)

中国ハッカー、有事に重要インフラを破壊 NSA長官が警告

(2024年06月06日)

米情報機関、経済に通じたスパイ確保が急務

(2024年06月01日)

台湾緊迫、中国トップはどう決断? AIで予測可能か

(2024年05月31日)

中国軍が海洋毒を研究、生物兵器に転用か

(2024年04月27日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

第2次大戦で原爆開発の研究所、AIリスクを研究

(2024年04月16日)

米情報機関、敵国の量子コンピューター開発を懸念

(2024年03月28日)

中国経済低迷で戦争の危険性高まる 米情報長官が警告

(2024年03月14日)
→その他のニュース