ソーシャルメディアへの投稿を抑圧した職員の正体を暴いた判事

(2023年7月15日)

2023年7月7日金曜日、ワシントンのホワイトハウスのイーストルームで、医療費削減に関するスピーチを待つジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Patrick Semansky)

By Susan Ferrechio – The Washington Times – Tuesday, July 11, 2023

 米国人の言論を検閲するようソーシャルメディア・プラットフォームに圧力をかけたバイデン政権を非難した連邦判事は、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、その他のサイトに圧力をかけ、反対する内容の投稿を削除し、ユーザーを追放した、無名だが強力なホワイトハウスのスタッフ・グループに焦点を当てた。

 テリー・A・ドーティ連邦地裁判事は、二つの州と原告団がバイデン政権を相手取って起こした訴訟について、「間違いなく、米国史上最も大規模な言論の自由に対する攻撃に関するものだ」と述べた。

 法廷文書によれば、(米国立アレルギー感染症研究所前所長の)アンソニー・ファウチ博士をはじめとするバイデン政権幹部は、新型コロナウイルスの内容を巡るソーシャルメディアへの投稿を検閲するよう公然と、もしくは水面下で求めたが、その作業は一部のスタッフたちによって舞台裏でより広範囲に実行された。

 これらの側近たちは、ソーシャルメディア・プラットフォームに圧力をかけ、コンテンツの削除を繰り返し要求したり、特定のユーザーを排除したり、社内のコンテンツ監視の方針や慣行へのアクセスを執拗に要求したりして、自分たちが反対するコンテンツを封じ込める政権の努力を主導した。この取り組みは、バイデン氏が大統領に就任して間もない2021年1月23日、当時政権の新型コロナ対応チームのデジタル・ディレクターだったクラーク・ハンフリー氏からのメールで始まった。

 ハンフリー氏は、バイデン氏の就任3日目の午前1時にツイッター関係者にメールを送り、86歳だったハンク・アーロン氏の死がコロナウイルスワクチンと関連している可能性を根拠なく示唆したロバート・F・ケネディ・ジュニア氏による前日のツイートを削除するよう求めた。

 ハンフリー氏は「皆さん、以下のツイートに警告を表示させたい。また、早急に削除するための手続きに入れるだろうか」とツイッター関係者に送った。

 ソーシャルメディアを取り締まる仕事は、ハンフリー氏のホワイトハウス時代の同僚であるロブ・フラハティ氏に任されていたようだが、同氏は最近、バイデン大統領の再選運動に参加するために政権を去った。ハンフリー氏は1月23日にツイッター関係者へ送ったメールをフラハティ氏にも共有し、「同様のツイートがないか目を光らせてほしい」と求めた。

 大統領副補佐官兼デジタル戦略部長を務めたフラハティ氏はその後、ツイッター、フェイスブック、その他のソーシャルメディア・プラットフォームに対し、バイデン政権の方針に反する新型コロナに関するコンテンツ、特にワクチンやパンデミック関連の義務付けに懐疑的な投稿やコンテンツを削除するよう強要する執拗な取り組みを指揮した。

 フラハティ氏はフェイスブックに対し、コンテンツの削除や監視に関する社内方針をホワイトハウスと共有するよう圧力をかけ続けた。フラハティ氏は、フェイスブックが「境界線上」の反ワクチンコンテンツを検閲するため、より積極的な行動を取るよう要求した。こうした投稿には、フェイスブックのルールには違反していないものの、政権を不快にさせるものも含まれていた。

 フラハティ氏は2021年3月、フェイスブック関係者に、ワクチン忌避と「境界線上」のフェイスブックのコンテンツとの関連性についてのフェイスブックの内部調査についてのメディア報道を送った。このような内容には、深刻なワクチンの副作用を経験したり、恐れたりするフェイスブックの投稿が含まれていた。

 フラハティ氏は、フェイスブックがホワイトハウスに内部調査情報を公開しないことで、「隠蔽している」と非難し、これに対してフェイスブックは、メディアの報道は内部調査について正確に報じていないと反論した。

カンザス州、ファイザーを提訴 コロナワクチンで副作用を隠蔽か

(2024年06月20日)

翻弄される女子スポーツ 高校陸上でトランス選手の優勝相次ぐ

(2024年06月18日)

「性別は2つだけ」Tシャツ、学内で禁止 着用求め提訴も棄却

(2024年06月16日)

AIに意図的に人間を欺く能力―研究

(2024年06月14日)

FBI専門家、AI悪用で捜査難しく 誰もが標的になりうる

(2024年06月08日)

ハーバード大、雇用時の「多様性宣言」を廃止

(2024年06月04日)

全米で先住民のチーム名・ロゴ復活の動き

(2024年05月29日)

戦没者墓石に国旗 アーリントン墓地で伝統の「フラッグイン」

(2024年05月28日)

性転換を親に隠す指針に反対 最高裁が訴え棄却

(2024年05月25日)

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)
→その他のニュース