トランプ氏、中絶の全国規制に反対 民主党の選挙戦術に対抗

(2024年4月10日)

2022年1月21日金曜日、ワシントンで毎年開催される「命のための行進」の最中、連邦最高裁判所の外で行進する中絶反対活動家たち。ドナルド・トランプは、連邦政府による人工妊娠中絶の禁止を支持することを拒否しながらも、共和党大統領予備選の序盤を支配している。そのため、保守派活動家を最も熱狂させる問題の1つである人工妊娠中絶について、トップライバルの何人かがトランプより右側に位置することを許している。(AP Photo/Jose Luis Magana)

By Susan Ferrechio – The Washington Times – Monday, April 8, 2024

 トランプ前大統領が8日、人工妊娠中絶問題で、州の判断に委ね、現状を維持すると穏健な姿勢を示したことを受けて、選挙アナリストらは「現実的」との見方を示した。

 民主党は選挙戦術として、ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州を中心とする接戦州で、中絶問題を主要な争点にすることを目論んでいる。中絶問題は大統領選だけでなく主要議会選の行方をも左右する選挙の争点となりうる。

 しかし、トランプ氏が中絶問題で穏健な姿勢を示したことで、2022年の中間選挙の激戦区で民主党を勝利に導いた戦術に影響が及びそうだ。

 事情に詳しい世論調査人はワシントン・タイムズに、トランプ氏の声明は「主流、中道」であり、「国民と有権者に決めさせよう」という姿勢の表れだと指摘した。

 トランプ氏は、SNS「トゥルース・ソーシャル」に投稿した4分間のスピーチで、自身と共和党は家族を重要視しており、中絶規制を「各州の人々の心、気持ち、投票に委ねたい」との考えを強調した。

 レーガン元大統領にならい、レイプや近親相姦、妊婦の命がかかわるケースといった中絶を選択せざるを得ない例外規定への支持は、政治的に現実的といえる。

 トランプ氏のこの発言は確かに、全米で中絶禁止を強く訴える一部の有権者からの支持に関しては不利に働く可能性がある。しかし、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンなど、中絶が争点となりうる主要接戦州では、トランプ氏再選へ有利に働くのではないかという見方もある。

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)

トランス選手が女子陸上で優勝 観客からブーイングも-オレゴン州

(2024年05月22日)

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)
→その他のニュース