性転換を親に隠す指針に反対 最高裁が訴え棄却

(2024年5月25日)

写真提供:パトリック・セマンスキー パトリック・セマンスキー

2020年6月29日、ワシントンのキャピトル・ヒルにある最高裁判所。(AP Photo/Patrick Semansky)

By Alex Swoyer – The Washington Times – Monday, May 20, 2024

 連邦最高裁は20日、子供の性別移行を親に知らせないという学校の指針に反対する訴えを棄却した。親が子供の養育に責任を持つという基本的権利に反するというのが提訴の理由だ。

 メリーランド州モンゴメリー郡教育委員会が、子供が性別移行しているかどうかを学校職員が親に知らせない指針を採用したため、3人の親(プライバシー保護のため匿名)が同委員会を相手取って訴訟を起こした。

 指針は、学校職員は、親が性別移行を支持しない可能性があると考えれば、知らせなくてもいいとしている。

 提訴した親は、全米の学校で、親に知らせないという指針が採用されていると主張。この問題を追跡しているある団体によると、1000以上の規則が定められ、1000万人の生徒が影響を受けていると指摘し、訴えを受理するよう求めた。

 準備書面には「未成年者の調査によると、性別を巡る混乱が記録的な数で増加し続けている。これらの親は、未成年の子供の世話をし、判断する基本的権利を侵害しているとして、郡の指針に異議を唱えた」と書かれている。

 この裁判「匿名の親1対モンゴメリー郡教育委員会」を審理するためには、4人の判事の賛成を得る必要があった。

 教育委員会は判事への提出書類の中で、下級審で棄却されたこの訴えを審理しないよう求めた。

 教育委員会は、訴えを起こした親は学校の指針が子供に適用された事例を示していないと主張。第4連邦巡回控訴裁判所は、親には原告適格がない、あるいは十分な法的損害がないという理由でこの訴えを棄却した。

 教育委員会は「この指針は、『生徒が受け入れられ、大切にされていると感じ、学業に励み、学校のコミュニティーに積極的に参加する、安全で居心地のよい学校環境』を確保することを目的としている」と主張している。

FBI専門家、AI悪用で捜査難しく 誰もが標的になりうる

(2024年06月08日)

ハーバード大、雇用時の「多様性宣言」を廃止

(2024年06月04日)

全米で先住民のチーム名・ロゴ復活の動き

(2024年05月29日)

戦没者墓石に国旗 アーリントン墓地で伝統の「フラッグイン」

(2024年05月28日)

ローマ教皇 すべての人間は「根本的に善」

(2024年05月26日)

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)

トランス選手が女子陸上で優勝 観客からブーイングも-オレゴン州

(2024年05月22日)

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)
→その他のニュース