トランプ対ビッグテック 言論の自由を救え

(2021年7月14日)


 ANALYSIS/OPINION:古代ギリシャの神話によると、ゼウスの息子ヘラクレスは、頭が三つある狂暴な地獄の番犬である「ケルベロス」に首輪を着けた時、最後の英雄テストに合格する。  

 寓話(ぐうわ)の登場人物ではないが、ドナルド・トランプ氏は、同じように厄介な現代の課題に取り掛かった。  

 前大統領は、問題の三大ソーシャルメディアのモンスターであるフェイスブック、ツイッター、そしてグーグルを追い詰めようとしている。それは拍手に値する英雄的行為だが、危険でもある。  

 大統領職を離れて以来、最初に行った記者会見で7日、くだんの巨大企業と、それぞれのCEO、マーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシー、サンダー・ピチャイ各氏を相手とする集団訴訟をフロリダ州南部地区連邦地方裁判所で起こし、それを主導するつもりであると発表した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

FRB、インフレは収まる兆し無く利上げを断行と報告

(2022年05月13日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

規制の障害に阻まれる自動運転車

(2022年05月08日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)
→その他のニュース