ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年7月21日)


 ANALYSIS/OPINION:リチャード・ニクソンが辞任した後、多くの評論家が共和党は終わったと宣言した。  

 代わって、ロナルド・レーガンの下での慎重な再調整と、小さな政府の党への転換によって、共和党はホワイトハウスの支配権を取り戻した。そして、20年たって、議会の過半数を獲得した。  

 確かに、共和党が国を代表する支配的政党の地位を維持しているかは、議論の余地がある。共和党は、下院では支配に紙一重で手が届かずにいる。上院を失い、大統領ポストは重要州だけだと1500万票中約4万3000票の差で失った。しかし、知事ポストはより多く掌握しており、州議会については、共和党支配州が優勢で、議席も民主党員のそれを抜いている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

炭素使用量パスポートを固辞せよ

(2021年09月29日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

米共和党は民主党を「社会主義者」と非難せよとギングリッチ元下院議長

(2021年09月19日)

下院民主党は、年収40万ドル未満の個人に増税はない、というバイデン公約を破る

(2021年09月18日)
→その他のニュース