ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年7月21日)


 ANALYSIS/OPINION:リチャード・ニクソンが辞任した後、多くの評論家が共和党は終わったと宣言した。  

 代わって、ロナルド・レーガンの下での慎重な再調整と、小さな政府の党への転換によって、共和党はホワイトハウスの支配権を取り戻した。そして、20年たって、議会の過半数を獲得した。  

 確かに、共和党が国を代表する支配的政党の地位を維持しているかは、議論の余地がある。共和党は、下院では支配に紙一重で手が届かずにいる。上院を失い、大統領ポストは重要州だけだと1500万票中約4万3000票の差で失った。しかし、知事ポストはより多く掌握しており、州議会については、共和党支配州が優勢で、議席も民主党員のそれを抜いている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

民主党、大統領による1.75兆ドルの「ビルド・バック・ベター法案」の挫折を受け入れず

(2021年12月23日)

動きだした司法省の中国イニシアチブ

(2021年12月22日)

同調国少ないバイデン米政権の北京五輪「外交ボイコット」

(2021年12月20日)
→その他のニュース