シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年7月22日)

Senate Majority Leader Chuck Schumer, D-N.Y., flanked by Sen. Debbie Stabenow, D-Mich., left, and Sen. Raphael Warnock, D-Ga., holds a news conference to talk about the benefits of the Child Tax Credit, at the Capitol in Washington, Thursday, July 15, 2021. The U.S. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


 民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務は、8月の休会前に従来のインフラ法案と「ヒューマンインフラ」法案の交渉を終えるよう、民主党と共和党に要求している。

 ニューヨーク州選出のシューマー氏は15日、両法案を上院に提出して審議できるよう、来週という厳しい期限を設定していると述べた。

 シューマー氏は、「超党派のインフラ法案の交渉に参加している全当事者は、来週にも上院で審議を開始できるように、直ちに最終的な合意をしなければならない。私は、上院の全民主党議員連盟が一致して予算案に合意する期限として、同じ来週水曜日(21日)を定めている。今こそ前進すべき時であり、必ずそうする」と述べた。

 1兆2000億ドルの超党派のインフラ整備案と、政権が「ヒューマンインフラ」と呼ぶ医療保健、育児、貧困対策などの3兆5000億ドル規模の民主党単独予算案をめぐって設定されたこの期限のために、上院議員らは圧力にさらされている。

 バイデン大統領は、議会が仕事を成し遂げ、共和党が伝統的なインフラ事業の法案を通過させるために必要な支援を提供してくれると確信していると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

民主党、大統領による1.75兆ドルの「ビルド・バック・ベター法案」の挫折を受け入れず

(2021年12月23日)

動きだした司法省の中国イニシアチブ

(2021年12月22日)
→その他のニュース