シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年7月22日)

Senate Majority Leader Chuck Schumer, D-N.Y., flanked by Sen. Debbie Stabenow, D-Mich., left, and Sen. Raphael Warnock, D-Ga., holds a news conference to talk about the benefits of the Child Tax Credit, at the Capitol in Washington, Thursday, July 15, 2021. The U.S. (AP Photo/J. Scott Applewhite)

By Haris Alic – The Washington Times – Thursday, July 15, 2021

 民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務は、8月の休会前に従来のインフラ法案と「ヒューマンインフラ」法案の交渉を終えるよう、民主党と共和党に要求している。

 ニューヨーク州選出のシューマー氏は15日、両法案を上院に提出して審議できるよう、来週という厳しい期限を設定していると述べた。

 シューマー氏は、「超党派のインフラ法案の交渉に参加している全当事者は、来週にも上院で審議を開始できるように、直ちに最終的な合意をしなければならない。私は、上院の全民主党議員連盟が一致して予算案に合意する期限として、同じ来週水曜日(21日)を定めている。今こそ前進すべき時であり、必ずそうする」と述べた。

 1兆2000億ドルの超党派のインフラ整備案と、政権が「ヒューマンインフラ」と呼ぶ医療保健、育児、貧困対策などの3兆5000億ドル規模の民主党単独予算案をめぐって設定されたこの期限のために、上院議員らは圧力にさらされている。

 バイデン大統領は、議会が仕事を成し遂げ、共和党が伝統的なインフラ事業の法案を通過させるために必要な支援を提供してくれると確信していると述べた。

 ホワイトハウスで行われた記者会見でバイデン大統領は「報道機関がこれまでに少なくとも10回、私の構想が死んだと宣言するのを見聞きしてきた。私は死んだとは思っていない、まだ生きていると思う。インフラに関して私が提案したこと、私が合意したことを、超党派の合意として実現できると確信している」と述べた。

 先月、バイデン氏と11人の超党派議員のグループは、国内の道路、橋、空港、港の整備に今後8年間で1兆2000億ドルを投じるという暫定的な枠組みに合意した。

 このうち、5500億ドル以上の財源は、まだ公表されていない。しかし、この約束を守り、財源を見つけ出すことが困難なのは明らかだ。

 特に、内国歳入庁(IRS)の税金逃れを取り締まる機能を強化することで財源を確保するという当初の案を具体化することは困難だ。

 超党派合意の策定者の一人であるロブ・ポートマン上院議員(共和、オハイオ州)は「適切な審査を経て、正しい結果が得られるものでなければならない。…それには、今、交渉している法案が財源だけでなく、歳出面でも複雑という事情がある。そのため、すべきことはたくさんある。最後までやり遂げる」と述べた。

 上院民主党は、3兆5000億ドルの社会福祉プログラム法案も完成させなければならない。上院予算委員会の民主党委員11人全員が今週、提案の概要をまとめた。

 詳細はまだ決まっていないが、多くの民主党議員は、社会的セーフティーネットを「大胆かつ強固に」拡大するものとして、この案を支持している。

 社会主義者であることを公言しているバーニー・サンダース上院議員は、「1930年代以降、労働者にとって最も重要な法案の成立に向けて前進していると思う。この法案は、富裕層や大企業に公平な負担を求めるためのものだ」と述べた。

 この法案には、有給の家族休暇、保育所の利用拡大、コミュニティーカレッジの無料化など、リベラル派が長年求めてきたものが盛り込まれている。また、人種差別撤廃プログラムや、地方自治体のブロードバンドインターネットサービスの導入にも資金が当てられている。

 また、サンダース氏がメディケアに耳鼻科、眼科、歯科を追加することで、予算は増額された。さらにサンダース氏は、処方薬の価格設定を変更することを約束している。

 このような条項が財政調整措置で認められ、60票の議事進行妨害を回避し、51票の単純過半数で可決できるようになるかははっきりしていない。

 この措置のもとで何が可能かがはっきりしていないことが、この合意がまだ交わされていない理由の一つだ。

 この二つの法案をめぐって合意を交わすまで大変な作業が残っているが、シューマー氏は意欲的に取り組んでいる。

 シューマー氏は、「結論から言うと、ほぼ1週間だが、結果を出すまでには時間は十分にある」と述べている。

 その理由の一つに、タイミングがある。民主党には、8月の休会までに残された時間はほとんどない。再開後、議会は予算審議を開始する予定で、これが秋の大半を占めることになるとみられている。

 もし、休会前にインフラ整備と和解案が可決されなければ、民主党はこの法案を破棄して、9月30日の会計年度末まで政府を運営するための予算案を優先する可能性がある。

 問題が複雑であることもあるが、シューマー氏を動かしているのは政治的な懸念だ。民主党が両法案の審議を始めるまでに時間がかかればかかるほど、反対派に反対運動を起こす時間を与えることになる。

 そのことは、ウェストバージニア州選出の穏健派民主党員で、表決の行方を左右するジョー・マンチン上院議員に対する政治的圧力が強まっていることからも分かる。マンチン氏は、移民法やクリーンエネルギーに関する条項が盛り込まれているため、和解案に反対するよう強い圧力を受けている。

 シューマー氏としては、和解案に賛成する50人の民主党議員のうちの1人の造反も許容できない。

共和党、獲得票増加も、重要選挙区では空振り

(2022年12月01日)

共和党でトランプ氏に土俵を譲ることを拒否する動き広がる

(2022年11月28日)

米共和党、バロットハーベスティング推進で民主に反撃へ

(2022年11月27日)

共和党支持者、現党指導部に嫌気 強いリーダー求める

(2022年11月24日)

ドナルド・トランプを追い出してはならない

(2022年11月24日)

民主党、再選目指すトランプ阻止に「過激な法的措置」も

(2022年11月23日)

波に乗るハリス米副大統領 バイデン氏後継も視野

(2022年11月20日)

マッカーシー院内総務、下院議長選へ結束呼びかけ

(2022年11月19日)

「赤い波」不発の行方は?

(2022年11月16日)

トランプ氏、間もなく大統領選出馬を表明か、党内の一部は延期要請

(2022年11月14日)
→その他のニュース