英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年9月20日)

President Joe Biden speaks with members of the press on the South Lawn of the White House after stepping off Marine One, Tuesday, Sept. 14, 2021, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


 バイデン大統領は15日、中国を封じ込めるために防衛技術を共有する英国、オーストラリアとのパートナーシップを発表する。オーストラリア各紙が報じた。

 報道によると、3カ国の協力関係は、「AUUKUS」と呼ばれ、長距離攻撃能力や人工知能などに関する情報と技術を共有するという。

 核についても協力し、米英が核兵器の関する情報を共有する。

 ホワイトハウスに問い合わせたが、コメントは得られなかった。

 バイデン氏は午後5時に「国家安全保障構想」ついて国民向けの演説行う。ホワイトハウスはその他の詳細を発表していない。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)
→その他のニュース