ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

2021年10月7日(木)、ワシントンのキャピトル・ヒルで記者団と話すジョー・マンチン上院議員(民主党、W.V.)。(AP Photo/Alex Brandon)


 1・5兆㌦を費やしても保守的な立場と見なされるのは米首都ワシントンにおいてのみだ。

 歳出案に対するジョー・マンチン上院議員の支出上限は、あらゆる支出法案の中で米国史上最大の規模となる。これはトランプ減税と同規模であり、2010年に可決されたオバマケアの推定コストの2倍であり、2003年のメディケアディケア処方薬改善・現代化法を小さく見せるものだ。

 それでも、リベラルな活動家や連邦議会における民主党の同僚議員は、ウェストバージニア州選出の同党議員であるマンチン氏を、彼らが望む支出を抑えようとしているため悪者扱いしている。

 上院予算委員会の委員長を務めるバーモント州選出の無所属、バーナード・サンダース上院議員は、マンチン氏が、大学授業料の無償化や有給の家族休暇、育児支援の強化、メディケア受給者のための歯科医療の提案を含む、国の社会福祉プログラムの大規模な見直しへの期待を妨害していると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)
→その他のニュース