ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

2021年10月7日(木)、ワシントンのキャピトル・ヒルで記者団と話すジョー・マンチン上院議員(民主党、W.V.)。(AP Photo/Alex Brandon)


 1・5兆㌦を費やしても保守的な立場と見なされるのは米首都ワシントンにおいてのみだ。

 歳出案に対するジョー・マンチン上院議員の支出上限は、あらゆる支出法案の中で米国史上最大の規模となる。これはトランプ減税と同規模であり、2010年に可決されたオバマケアの推定コストの2倍であり、2003年のメディケアディケア処方薬改善・現代化法を小さく見せるものだ。

 それでも、リベラルな活動家や連邦議会における民主党の同僚議員は、ウェストバージニア州選出の同党議員であるマンチン氏を、彼らが望む支出を抑えようとしているため悪者扱いしている。

 上院予算委員会の委員長を務めるバーモント州選出の無所属、バーナード・サンダース上院議員は、マンチン氏が、大学授業料の無償化や有給の家族休暇、育児支援の強化、メディケア受給者のための歯科医療の提案を含む、国の社会福祉プログラムの大規模な見直しへの期待を妨害していると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース