アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

2021年11月3日(水)未明、民主党のテリー・マコーリフ氏を破ったグレン・ヤンキン次期州知事が、バージニア州チャンティリーで開催された選挙夜のパーティーで演説した。(AP Photo/Andrew Harnik)


 OPINION:その時が来た。ドナルド・トランプ氏の大統領選出で、民主党員に降り掛かり、しかも、人種差別と新型コロナウイルスの二頭立ての病魔によって激しくなった狂気も消えつつある。2021年に実施される選挙の結果は、その前触れだ。米国人は、米国を取り戻そうとしている。  

 先週、民主党のバージニア州知事候補であるテリー・マコーリフ氏と共に姿を現したカマラ・ハリス副大統領は、先見の明を示したが、後悔していることだろう。「人々の手には非常に多くの力がある」「今回は、際どい接戦が予想される選挙であり、国のほかの地方で何が起こるかを告げる警鐘になる」と彼女は言った。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

米中関係の転換点

(2021年11月24日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)

中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月03日)

破綻した「大きい政府は良い政府」神話

(2021年10月28日)
→その他のニュース