当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

2020年10月27日、民主党の大統領候補で元副大統領のジョー・バイデンが、集会のためにジョージア州のウォーム・スプリングスに移動するため、ジョージア州コロンバスのコロンバス空港に到着したセドリック・リッチモンド議員(左)に挨拶している。(AP Photo/Andrew Harnik, File)


 民主党は、13人の共和党員の助けを借りて先週、1.2兆㌦のいわゆるインフラ法案を可決した。バイデン政権は、これによって、来年の春には「すぐに着工できる仕事(シャベル・レディー・ジョブズ)」(オバマ大統領が2009年3月に使った)プロジェクトによる雇用創出が可能になると約束している。  

 「大統領は、2、3カ月たったら、着工を目撃できると言った。どうやって、これから取り掛かろうとしているプロジェクトを春までに、準備万端立ち上げる確信があるのか」と、CBSのマーガレット・ブレナン記者は、今週の日曜日に、大統領上級顧問のセドリック・リッチモンド氏に「フェイス・ザ・ネイション」で尋ねた。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)
→その他のニュース