電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

ドイツ・フランクフルトの電柱の向こうで昇る太陽。2020年6月23日(AP Photo/Michael Probst, File)


 米議会の諮問委員会「国家・国土安全保障タスクフォース」のプライ事務局長は23日に行われた安全保障に関するオンライン会合で、中国、北朝鮮などが、電磁パルス兵器(EMP)と極超音速兵器、サイバー攻撃などを組み合わせることで、米国にとって大きな脅威となると指摘、攻撃を回避するための軍備、EMPに耐えられるインフラ整備などの重要性を訴えた。

 プライ氏は、中国が既に、従来のEMPを上回る破壊力を持つ「スーパーEMP」を保有していると指摘。他の近代的な戦術と組み合わせれば、さらに破壊的となり得ると警告した。

 中国は8月に極超音速滑空飛翔体の実験を行い、米軍は警戒を強めている。専門家らは、これによって高高度にEMPを配備することが可能になり、長期的で広範囲の停電、食品流通・給水の遮断、軍の通信の遮断を招く可能性が高まったと懸念している。

 プライ氏は、「一発のEMP攻撃で戦争に勝利することが可能になるかもしれない。EMPだけではなく、サイバー攻撃、物理的破壊、非核EMPと組み合わせて使用される」と、その脅威は格段に大きくなるとの見方を示した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)

バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年04月10日)

核兵器の維持要請 米欧州軍司令官 バイデン政権に-上院委

(2022年04月03日)
→その他のニュース