バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年1月19日)

2022年1月11日(火)、アトランタのモーハウスカレッジとクラークアトランタ大学の敷地内にあるアトランタ大学センター・コンソーシアムで、投票権法を停滞させている上院フィリバスター規定の変更を支持する演説を行うジョーバイデン大統領。 (AP Photo/Patrick Semansky)


 1月20日、バイデン大統領は、就任2年目に入る。1年前に行った就任演説で、(平和の象徴である)政治的なオリーブの枝を掲げて「私たちは、青(民主党)対赤(共和党)、地方対都市、保守対リベラルという無意味な争いを終わらせなければならない」と述べた。

 スピーチの早い段階で、彼は国民に「きょうこの時、この場所で、新たに始めようではないか」と促した。

 バイデン氏は11日、アトランタ大学センター・コンソーシアム(AUCC)で行った恥知らずで、扇動的な30分の辛辣(しんらつ)な批判演説の中で、――驚く者は誰もいないが、あらゆる点で民主党員に有利な――民主党が推進する二つの選挙改革法案の審議を妨害したとして、共和党上院議員らを非難した。(これには、自動有権者登録と当日投票、ほとんどの州の有権者確認法の無効化、早期投票と郵便投票の大幅な拡大、また、州選挙法の変更を、司法省による事前承認を受けるための人質として取っておくこと、などが含まれる)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)
→その他のニュース