警戒すべきクロブシャー氏の反トラスト法案

(2022年2月2日)

2021年6月22日、ワシントンの国会議事堂で記者団と話すエイミー・クロブカー上院議員(ミネソタ州)(資料写真)。クロブカーは木曜日、乳がんの治療を受け、治療が "うまくいった "と発表した。(AP Photo/J. Scott Applewhite)


 バイデン大統領の支持率が下がり、米国民が日を追って彼の職務遂行能力に疑問を抱いている中、一部の民主党員らが後継者として名乗り出ている。

 その中の一人、ミネソタ州選出のエイミー・クロブシャー上院議員(民主)は、「大き過ぎる」企業に有利とされる、米国の反トラスト法(日本の独占禁止法に当たる)の現行の解釈を覆そうと決意を固めている。 クロブシャー夫人が作成し、上院司法委員会を通過させた最終折衝案では、時価総額や毎月のアクティブオーディエンスで測った企業規模をもとに、米政府が介入できるようになっている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

FRB、インフレは収まる兆し無く利上げを断行と報告

(2022年05月13日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

規制の障害に阻まれる自動運転車

(2022年05月08日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)
→その他のニュース