揺れるヨーロッパ戦線

(2022年3月3日)

2022年2月24日木曜日、ウクライナのマリウポリ郊外でロシアの砲撃の余波を受け、破損したウクライナ軍施設。ロシアは24日未明、ウクライナに対する空爆とミサイル攻撃を開始し、ウクライナ当局者は、ロシア軍が北、東、南から同国に転進してきたと発表した。(AP写真/Evgeniy Maloletka)


 さあ、始まった。しかし、ロシアによるウクライナへの攻撃後のことについて問題は、それが、どこで、いつ終わるかということである。国際協定を侵して戦争に突入した人たちへの懲罰の話は後回しにすることにする。怒りと、仕返しの悪魔らは、ひとたび解き放たれると、再び捕まえて、拘束することは容易ではないからだ。

 世界中の多くの人々が破壊の閃光(せんこう)を目撃するにつれ、記憶に長く残っている認識が再浮上する。弱さの結果として生まれるものが戦争である。しかし、だからといって、こんなふうに、必ずしも、事が進展しなければならなかったわけでもない。

 ロシアのプーチン大統領は軍隊を派遣して、よその主権国家で暴れ回り、旧ソ連の再建に着手するという長年の夢の実現に踏み出した。ポーランド、スロバキア、バルト3国のような、他の元の衛星国は、北大西洋条約機構(NATO)の保護下にあって、まとまっていたら、プーチン氏がむさぼり食おうとすることはないだろうと思っている。防御を目的としたNATOは、創設の目的だったロシアの脅しのようなことに、いまだかつて直面したことはなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)
→その他のニュース