女子トイレは生物学的女性だけ-カンザス州で「女性の権利法」が成立

(2023年5月2日)

2023年4月19日水曜日、ノースカロライナ州ローリーで、スポーツにおけるトランスジェンダーの取り込みについて記者会見する元カレッジスイマーのライリー・ゲインズ。ノースカロライナ州下院は水曜日、トランスジェンダーの少女が中学、高校、大学で女性スポーツチームに入ることを禁止する法案を可決した。(AP Photo/Hannah Schoenbaum)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Thursday, April 27, 2023

 米カンザス州議会は、同州知事が拒否権を発動していた「女性の権利法案」を可決、成立させた。同法は、「女性」の定義を生物学的女性と定めるもので、これによって、公共のトイレ、更衣室、寮、DV(家庭内暴力)シェルターなど男女別施設の使用が、生物学的性別に基づいて決められることになる。

 女性の権利法は、人の性を「男性、女性とも、生まれた時の(生殖器に基づく)生物学的性別」として定義している。同州下院は4月27日に84対40、上院は26日に28対12の圧倒的多数で、知事の拒否権を覆した。

 州下院指導部はこれを受けて声明を出し、「下院共和党は、男女別の空間での女性のプライバシー、安全、尊厳への権利を守る」と主張、「互いに入れ替えることは受け入れられない」としている。

 女性の権利法は、保守派と左派系女性団体の支持を受け、昨年、「女性の権利法案」として提案されていた。

 競泳の全米代表で、中道右派の「独立した女性のフォーラム」広報担当のライリー・ゲインズ氏は「カンザス女性の大勝利」と主張、「『女性』と明記された空間に、生物学的男性がいないことを明確にした」と述べた。

 ゲインズ氏は、2022年の全米大学体育協会(NCAA)の競泳選手権でトランスジェンダーのリア・トマス氏と競ったことがある。トマス氏は、男性として生まれながら、NCAAディビジョン1の女性部門で優勝した初の選手となった。

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)

バイデン政権、復活祭に「トランス認知」宣言 カトリック・共和が反発

(2024年04月03日)

LGBT・性転換支援に補助金 予算案通過で保守派反発

(2024年03月26日)
→その他のニュース