AI駆使し選挙にサイバー攻撃 グーグルが警告

(2023年10月5日)

グーグルの新社屋の入り口に掲げられた同社の看板(2023年9月6日、ニューヨークにて)。グーグルは10月4日(水)、次世代スマートフォン「Pixel」のラインアップを発表した。このスマートフォンには、写真にキャプションを書き込むことができる人工知能ツールがさらに搭載され、その技術によって写真も加工できるようになる。(AP Photo/Peter Morgan)

By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, October 4, 2023

 グーグルは、人工知能(AI)ツールを活用したサイバー攻撃によって、連邦選挙が影響を受けたり、ハッキングされたりする可能性があると警告を発した

 グーグルのセキュリティーポリシー責任者チャーリー・スナイダー氏は4日、サイバー攻撃者らが、AIを使って人々を誘導することを試してみたり、言語スキルを磨いて相手に悟られずにだましたりしていることを把握していると述べた。

 スナイダー氏は、バージニア州のグーグルのオフィスで開催されたサイバーセキュリティー・サミットで、AIをもてあそぶサイバー攻撃者から身を守るため、グーグルはAIツールに「非常に大きな」投資を行っていると述べた。

 「私たちは、彼らがAIツールを使って、真偽不明のコンテンツやプロパガンダなどを生成する実験を行っているのを発見した。そして、この分野では、さらに多くの実験が行われることになると考えるべきだ」

 選挙活動を標的にしたサイバー攻撃者は、候補者やスタッフにアクセスしたり、情報を入手したりして、政治工作への理解を深め、混乱を引き起こすことを狙っている。

 例えば、2012年の大統領選では、中国のサイバー攻撃者がミット・ロムニー氏の陣営をハッキングした。ロムニー氏の選対本部長だったマット・ローズ氏が明らかにした。

 ローズ氏は非営利団体「ディフェンディング・デジタル・キャンペーン」が主催したこのサミットで、中国のハッカーがロムニー陣営のファイルに侵入し、政策部門の文書を綿密にチェックしていたが、それらは私も読んだことがないものだったと茶化した。

 「連中は、ロムニー氏が何を考え、どこに行こうとし、どのような政策を持っているのかを知りたがっていたが、それらの情報を公表することはなかった。公表されれば陣営に有利に働いていたはずだと思っている」

 2019年、ローズ氏はディフェンディング・デジタル・キャンペーンの結成を支援し、所属政党に関係なく候補者がサイバーセキュリティー・ツールにアクセスできるようにした。ローズ氏によると、一部の民主党議員は興味を示したが、共和党議員は当初は気にしていなかったという。

 ハッキングによって選挙が影響を受けることへの懸念は、かなり広まってきている。

 グーグルのグローバル・エレクションズ・インテグリティ・チームを率いるデーブ・ボーハウス氏によると、グーグルは2024年の選挙で立候補者を支援する新しいツールを展開する準備を進めているという。

 ボーハウス氏は、この新ツールは後日公開される予定だが、グーグルが目指しているのは、陣営がセキュリティーに必要なあらゆることをワンタッチで行えるようにすることだと述べた。

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)
→その他のニュース