アンティファがデンバーの西部保守サミットに集結して騒乱に

(2021年6月30日)

A screen capture from independent journalist Andy Ngo's Twitter account, taken June 19, 2021. Video shown in tweet via Emily Brooks of the Washington Examiner. (Twitter.com/MrAndyNgo)


 極左集団アンティファの活動家たちが、週末にデンバーで開催される西部保守サミットに押し寄せ、混乱をもたらした。

 集会には、彼らが好んで標的とするオレゴン州のジャーナリスト、アンディ・ヌゴ氏やコロラド州選出のローレン・ボーバート下院議員(共和党)らが参加していた。

 ヌゴ氏と保守系メディア「ザ・ブレイズ」のエリヤ・シャファー記者が投稿した動画によると、同州を拠点とするシンクタンクのセンテニアル・インスティテュートが主催する2日間の会議の会場であるハイアットリージェンシー・デンバーの外で、数十人の抗議者と男性が対峙し、乱闘になるなど複数の衝突が起きた。

 抗議者の一部は拡声器を持っており、ホテルに出入りする人々に嫌がらせを行った。また活動家らは交通を遮断し、これにより1人の運転手は車の外に出て、車に水筒を投げ付けたとして彼らを非難した。他の抗議者は、会場外の警察の列の前で「ボーバートに従う女々しい男」と野次を飛ばした。

 ヌゴ氏は19日の講演で「アンティファは、このようなイベントや演説でさえ、彼らにとって非常に脅威であると考えている。そのため、彼らは野外での抗議を組織した」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

米、リモートワーク拡大で都市脱出が加速

(2021年10月17日)

国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

マルクス主義的な考え方を受け入れる米国民が増加

(2021年10月10日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

トランスジェンダーから裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が提訴

(2021年10月04日)

シカゴの銃声検知システムに批判

(2021年10月02日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)
→その他のニュース