サイバー攻撃への対処には官民の協力が必要

(2021年7月8日)

In this file photo, a Colonial Pipeline station is seen, Tuesday, May 11, 2021, in Smyrna, Ga., near Atlanta. (AP Photo/Mike Stewart)


 近年、サイバー攻撃が急増していることを受けて、民間企業と連邦政府機関の間で、燃料、電力、水などの重要なインフラが機能不全に陥り、経済に甚大な損害を与えないようにするための責任の所在をめぐる非難合戦が繰り広げられている。

 特に5月、南東部で1週間以上にわたってガソリンの供給が停止したコロニアル・パイプラインへのランサムウェア攻撃は、ハッカーが民間企業のコンピュータシステムに侵入した場合に、政府に警告することを義務付けるべきかどうかという長年の議論に新たな光を当てた。

 民間企業は、政府による独自データへの侵入を制限したい、ハッキング事件が大きな注目を集めた場合の評判の低下を懸念するなどの理由から、長年このような義務化に反対してきた。

 しかし、ハッキングの脅威に対する一般市民の認識が高まっていることや、大惨事を招く可能性のあるサイバー攻撃を防ぐためには、民間企業と連邦捜査局(FBI)や国土安全保障省などの連邦機関がより積極的に協力する必要があるというサイバーセキュリティー専門家の間でのコンセンサスが高まっていることから、このような懸念はますます後退している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


中国、米のレアアース開発妨害/「環境を破壊」と偽情報

(2022年07月06日)

中国ファーウェイがWSJ紙とイベント共催

(2022年07月03日)

グーグル検索で中国寄り記事上位 「コロナ」「新疆」で調査

(2022年06月02日)

中国の脅威 なお高度に FBI長官「非常に攻撃的」

(2022年02月03日)

米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

中国・イラン、新たな脆弱性突いて米システム攻撃か

(2021年12月19日)

中国サイバー攻撃大規模化か ネット新規格の危険性

(2021年10月24日)

技術窃取防止策の廃止要求、親中大学教授ら司法省に書簡

(2021年09月16日)

中国、アジア系米国人の反発煽るサイバー活動

(2021年09月11日)

バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼

(2021年09月02日)
→その他のニュース