大学に入りこむ「キャンセル・カルチャー」、「ウォークイズム」を警戒する教育団体

(2021年7月9日)

In this March 1, 2021, photo, protesters and counter-protesters gather at the Dixie State University campus to express opinions on the potential name change of the university in St. George, Utah. (Chris Caldwell /The Spectrum via AP)


 「キャンセル・カルチャー」が各地の大学に広まるにつれ、他は申し分ない教員たちが長年の教育慣行に従ったり、まったく悪気なしに「反則的な」用語を使ってしまい、突然、厄介者として追われる羽目になっている。

 「高等教育に関わり10年ほどなので、今の状況が最悪なのか断定できませんが、提出された苦情事案の数は昨年、記録更新しました」-大学構内の言論の自由を擁護する非営利団体「教育現場の人権財団(FIRE)」のダニエル・バーネット氏はこう指摘した。

 同氏によれば、「FIRE」は事案増加を一つの理由に特定できないものの、この現象は2020年5月ころから顕著になった。その月はジョージ・フロイド氏がミネアポリス警察に拘束・殺害されて、抗議の波が巻き起こった時期に当たる。

 「我々が処理した苦情件数は、2020年5月の60件が、翌月282件になり、昨年夏以来、目に見えて増加してきた」、バーネット氏は説明した。 「以来、ひと月を除き毎月の苦情件数は三ケタ台を続けており、そんなことは2007年から通算9回しか起きていない。2021年の苦情の3分の1は教職員から出されている。」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

マルクス主義的な考え方を受け入れる米国民が増加

(2021年10月10日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

トランスジェンダーから裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が提訴

(2021年10月04日)

シカゴの銃声検知システムに批判

(2021年10月02日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

米国の名門大学で吹き荒れる「キャンセル文化」

(2021年09月27日)

議事堂襲撃支持集会にワシントン警戒

(2021年09月18日)

石油採掘への公有地リースで政権を提訴

(2021年09月16日)
→その他のニュース