米国防総省、クラウド導入計画を中止

(2021年7月10日)


 米国防総省は6日、100億ドルを投じた「ウォークラウド」プロジェクトを正式に中止し、マイクロソフト社との契約解除へと向かっている。  

 今後、政治的、法的に問題となっている契約の遂行を複数の企業で進めていく意向だ。  

 国防総省とアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、マイクロソフトが勝ち取っていたこの10年間の契約をめぐって、大規模な法的、政治的な争いの中にある。アマゾンは、トランプ前大統領が、アマゾンとその創業者、ジェフ・ベゾス氏を個人的に嫌っていたため、「防衛基盤統合事業(JEDI)」の契約をマイクロソフトと交わすよう、国防総省に公私にわたって圧力をかけたと主張している。  

 国防総省は、これらの主張を強く否定している。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

アフガン駐留軍のトップ、大統領の撤収に反対していた

(2021年09月19日)

技術窃取防止策の廃止要求、親中大学教授ら司法省に書簡

(2021年09月16日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)

バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼

(2021年09月02日)

米海軍を悩ます造船産業の衰退、中国との競争の足枷に

(2021年07月18日)
→その他のニュース