米、ロシア間で緊張高まる中、ケリー気候変動特使が訪ロ

(2021年7月17日)

In this Jan. 27, 2021, file photo Special Presidential Envoy for Climate John Kerry speaks during a press briefing at the White House in Washington. (AP Photo/Evan Vucci, File)


 気候問題に関するバイデン大統領の最高顧問、ジョン・ケリー氏が、来週モスクワを訪れ、ロシア高官と会談する。ロシア政府が9日、確認した。

 ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、モスクワでのブリーフィングで、ケリー前国務長官が、3日間の訪問の一環として、12日にかつて外交トップ同士だったロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談すると述べた。

 バイデン政権は、気候変動問題を、さまざまな分野で米国と衝突してきたロシアや中国など敵対国との間で共通点を見いだせる数少ない課題の一つと考えている。バイデン政権発足後、米政府高官として初めて中国を訪問したケリー氏は、4月に中国の高官と2日間にわたって気候変動対策に関する非公開の会談を行った。

 また、バイデン氏は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を決定したことを、トランプ政権の政策や外交との決別を示す重要な指標としてアピールしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月09日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

「債務の罠」に陥る途上国、中国「一帯一路」の問題点浮き彫り

(2021年10月02日)

炭素使用量パスポートを固辞せよ

(2021年09月29日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)
→その他のニュース