米政府のイラン核合意復帰を阻止すべく米議会議員に圧力かけるイスラエル

(2021年7月20日)

Israel's Prime Minister Naftali Bennett delivers a statement in Jerusalem, Wednesday, July 14, 2021. (AP Photo/Maya Alleruzzo)


 ベニヤミン・ネタニヤフ首相の12年間の統治を終わらせ、この6月に代わったばかりのイスラエル新政府は、合衆国議会の下院外交委員会の民主・共和両党議員に対して、イランとの2015年の「包括的共同行動計画(JCPOA)」、いわゆる核合意にバイデン大統領が戻ろうとしていることを支持しないよう訴えた。

 「彼ら(イスラエル指導者たち)は、米国がイランとの核合意に再び参加するのを望んでいない」、ニコール・マリオタキス議員はワシントンタイムズに語った。 「そうした見解を代表団が聴取したこと、特に、かつては核合意に賛成した委員たちが聴いたことは大事なことだったと思う」。

 マリオタキス氏(ニューヨーク州、共和党)は先週、コロナ禍発生以来初めての議会代表団旅行として、2人の共和党議員、7人の民主党議員とともにイスラエル、ヨルダン川西岸地帯、カタールを訪れた。

 イランからの核の脅威はイスラエルにとって最大の問題だ。イランのイスラム政府指導者たちは、イスラエルを地図から一掃する、と威嚇してきたからだ。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ハイテク化する戦場、無人機がウクライナ戦争を一変

(2022年05月23日)

北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)
→その他のニュース