米政府のイラン核合意復帰を阻止すべく米議会議員に圧力かけるイスラエル

(2021年7月20日)

Israel's Prime Minister Naftali Bennett delivers a statement in Jerusalem, Wednesday, July 14, 2021. (AP Photo/Maya Alleruzzo)


 ベニヤミン・ネタニヤフ首相の12年間の統治を終わらせ、この6月に代わったばかりのイスラエル新政府は、合衆国議会の下院外交委員会の民主・共和両党議員に対して、イランとの2015年の「包括的共同行動計画(JCPOA)」、いわゆる核合意にバイデン大統領が戻ろうとしていることを支持しないよう訴えた。

 「彼ら(イスラエル指導者たち)は、米国がイランとの核合意に再び参加するのを望んでいない」、ニコール・マリオタキス議員はワシントンタイムズに語った。 「そうした見解を代表団が聴取したこと、特に、かつては核合意に賛成した委員たちが聴いたことは大事なことだったと思う」。

 マリオタキス氏(ニューヨーク州、共和党)は先週、コロナ禍発生以来初めての議会代表団旅行として、2人の共和党議員、7人の民主党議員とともにイスラエル、ヨルダン川西岸地帯、カタールを訪れた。

 イランからの核の脅威はイスラエルにとって最大の問題だ。イランのイスラム政府指導者たちは、イスラエルを地図から一掃する、と威嚇してきたからだ。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月09日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)
→その他のニュース