「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年7月24日)

This Feb 23, 2019, file photo shows the inside of a computer in Jersey City, N.J. Cybersecurity teams worked feverishly Sunday, July 4, 2021, to stem the impact of the single biggest global ransomware attack on record, with some details emerging about how the Russia-linked gang responsible breached the company whose software was the conduit. (AP Photo/Jenny Kane, File)


 サイバーセキュリティー専門家によると、バイデン大統領はロシアからのサイバー攻撃を厳しく非難したが、ランサムウエアやハッキングの猛威が米国を襲うのを止めることはできなかった。
 バイデン氏は、米国の重要インフラを、ロシアを拠点とするハッカーの標的としてはならないと述べ、ロシアのプーチン大統領にサイバー攻撃者への対策を講じるよう繰り返し訴えた。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)

石油採掘への公有地リースで政権を提訴

(2021年09月16日)

9・11「決して忘れない」を忘れたバイデン氏

(2021年09月15日)

マンチン議員、3.5兆ドルの歳出法案に難色も、政権は前向き

(2021年09月15日)

実験室流出説を主導する国防情報局

(2021年09月14日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)

アフガン撤退で同盟国が「根幹から揺れている」とハガティ米上院議員

(2021年09月12日)

中国、アジア系米国人の反発煽るサイバー活動

(2021年09月11日)

アフガンのレアアース 中国食指、獲得優位に 米国苦境から対中依存懸念

(2021年09月10日)

ホワイトハウス、10万戸の低所得者向け住宅を約束

(2021年09月09日)
→その他のニュース