キューバのデモ参加者の解放求め21カ国が署名

(2021年7月29日)

Anti-government protesters march in Havana, Cuba, Sunday, July 11, 2021. (AP Photo/Eliana Aponte, File)


 米国ほか20カ国の外相は、キューバで共産主義政権や直面する窮状に対する抗議デモの参加者らが大量に逮捕、拘留されていると非難した。

 米国務省は、デモ参加者は解放されなければならず、インターネットや報道機関で情報を共有できるようにしなければならないと訴えた。

 共同声明は、「われわれはキューバ政府に対し、国民に法的に保証された権利と自由を尊重し、逮捕や拘留の恐れをなくすよう求める。われわれはキューバ政府に対し、平和的抗議の権利を行使したために拘束された人々を釈放するよう求める。報道の自由と、経済と社会の発展を可能にするインターネットアクセスの完全な回復を求める。キューバ政府に、キューバ国民の声と要求に耳を傾けるよう求める」としている。

 抗議声明に参加したのは、オーストリア、ブラジル、コロンビア、クロアチア、キプロス、チェコ、エクアドル、エストニア、グアテマラ、ギリシャ、ホンジュラス、イスラエル、ラトビア、リトアニア、コソボ、モンテネグロ、北マケドニア、ポーランド、韓国、ウクライナの閣僚ら。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)
→その他のニュース