傷ついたトランプ・ブランドを金看板にする共和党

(2021年8月5日)

Former President Donald Trump points to supporters after speaking at a Turning Point Action gathering, Saturday, July 24, 2021, in Phoenix. (AP Photo/Ross D. Franklin)


 ドナルド・トランプ前大統領の政治銘柄と言えば、スタジアムを満員にして共和党を派手にアピールするスーパー政治家のイメージだったが、最近それに陰りが出ている。

 第一幕はテキサス州で、議会選挙に出馬したトランプ氏お気に入りの候補が敗北した。政治アナリストたちはこの選挙戦の結果を受け、「前大統領推薦」の得失の程度を見定めようとやっきだ。

 第二幕の合衆国議会では、大規模インフラ整備計画の超党派合意を前に進めるために必要な数の共和党上院議員たちが、同計画関連一括法案を批判・攻撃してきたトランプ前大統領を無視した。共和党から一定数の支持を確保でき、バイデン大統領はトランプ政権下で実現できなかったインフラ整備計画を議会通過させる大きな手がかりを得た。

 第三幕も議会で、今年1月6日の合衆国議事堂の内外での暴挙を調査する下院特別委員会は、トランプ前大統領擁護派や、暴挙をトランプ氏の扇動に結び付けることに反発しそうな共和党議員たちが欠席する中で開かれた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース