トランスジェンダー生徒の権利拡大―郡教育委が指針

(2021年8月14日)


 バージニア州のラウドン郡教育委員会(LCPS)は11日、トランスジェンダーの生徒の権利を拡大することで合意、これにより、トランスジェンダーの生徒が性自認に基づいてスポーツ競技に参加し、施設を利用できるようになり、職員は生徒それぞれが望む代名詞で呼ぶことが義務付けられる。  

 ノーザンバージニア教育委員会は、10日に一般人を交え行われた4時間以上にわたる激しい議論の後、7対2で、「トランスジェンダーと(どちらの性別にも分けられない)ジェンダーエクスパンシブの生徒の権利」指針を承認した。  

 委員会によると、この指針は、昨年承認された州法との整合性を図る上で必要なもの。この州法は、グリム対グロスター教育委員会で連邦地裁が下した判決を受けて定められた。地裁の判決は、トランスジェンダーの生徒が性自認に基づいてトイレを使用するのを禁止することはタイトルIX(教育改正法第9編)と平等保護条項に抵触するとしている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース